スポンサーリンク

【Mr.Children/SINGLES】歌詞の意味を徹底解釈!ハゲタカの主題歌にふさわしいギラギラしたナンバー!?

【Mr.Children(通称ミスチル)】の

「SINGLES」について

歌詞の意味を徹底的に

解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


楽曲名「SINGLES」とは

「SINGLE」とは

ただ1つだけの、唯一の、単独の。

という意味になっています。

これにSがつき「SINGLES」になることで

複数形になります。

つまり、唯一のものが多数存在する

という意味になります。

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

ドラマ「ハゲタカ」の主題歌!

テレビ朝日 木曜ドラマ
「ハゲタカ」の予告動画になります。

ドラマの内容は

綾野剛演じる“企業買収”のスペシャリスト・鷲津政彦が“ハゲタカ”とバッシングを受けながらも、日本の名門企業を次々と買収し、再生していく

という内容だそうです。

予告を見ただけでも
かなりゾクゾクしますね。

■番組情報
『ハゲタカ』(テレビ朝日系)
7月19日(木)夜9時から放送
原作:真山 仁『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』(講談社文庫)
脚本:古家和尚(『任侠ヘルパー』『S-最後の警官-』ほか)
監督:和泉聖治(『相棒』シリーズ)ほか
音楽:富貴晴美
主題歌:Mr.Children『SINGLES』(Toy’s Factory)
ゼネラルプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:中川慎子(テレビ朝日)、下山潤(ジャンゴフィルム)
制作協力:ジャンゴフィルム
制作著作:テレビ朝日

 

そして挿入歌として流れているのが

主題歌の【Mr.Children/SINGLES】

Mr.Childrenの桜井和寿さんは

シナリオを読ませて頂いたときに感じたギラギラした何か、哀愁や孤独や激しさ、そういった強いエネルギーに巻き込まれながら、この曲を録音しました。
「ハゲタカ」が視聴者の皆さんの心を揺れ動かすその瞬間に週一度の音楽として立ち合える、 そんな嬉しい想像をし、早く放送が始まらないものかとワクワクしているこの頃です。

とコメントしています。

ギラギラした何か、哀愁や孤独や激しさ

というのがポイントになりそうですね。

スポンサーリンク

歌詞

君は嬉しそうにしばらく空を見ていた
東京タワーの向こう 虹がかかってて
そのあと 僕のほおにキスをした

僕は意外といろんなこと覚えてて
戻れないことよくわかってたって
どこかに面影を探してしまう

自分に聞かせるだけの口笛は
少しだけ寂しくて 胸締め付けるメロディー

悲しいのは今だけ
何度もそう言い聞かせ
いつもと同じ感じの日常を過ごしている

それぞれが思う幸せ
僕が僕であるため
I have to go
Oh I have to go

やはり、哀愁孤独

というのは解釈をする上でも

キーワードになりそうです。

細かく解釈していきます。

歌詞の意味・解釈

君は嬉しそうにしばらく空を見ていた
東京タワーの向こう 虹がかかってて
そのあと 僕のほおにキスをした

君と僕は二人、東京にいるようです。

しばらく空を見上げながら

最後に、君はキスをしていきます。

ロマンティックな情景が描かれています。

僕は意外といろんなこと覚えてて
戻れないことよくわかってたって
どこかに面影を探してしまう

上で流れていた君との物語は

主人公の回想だったのです。

実際は別れてしまっているのでしょう。

しかし、主人公には未練が残っているのです。

いつも、どこかで君の面影を探してしまいます。

自分に聞かせるだけの口笛は
少しだけ寂しくて 胸締め付けるメロディー

自分に聞かせるだけの口笛

とあるように主人公は1人なのです。

そこがまた孤独感を加速させ

胸を締め付けます。

続いてサビです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました