スポンサーリンク

【三月のパンタシア/ピンクレモネード】歌詞の意味を徹底解釈!『ベルまま。』OP曲!

【三月のパンタシア

「ピンクレモネード」について

MVと歌詞の意味を徹底的に

考察および解説していきたいと思います。

本楽曲はテレビアニメ

「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」

の主題歌になっています。

スポンサーリンク


楽曲名「ピンクレモネード」とは

「レモネード」とは

レモンの果汁に蜂蜜やシロップ、

砂糖などで甘味をつけて冷水で割ったエード。

「ピンクレモネード」とは

作る際に赤いスマックベリーの実を混ぜるためにピンク色をしていたことが由来だそう。

※現在は着色料が使われている。

普通のレモネードに比べて

ピンクレモネードは、

The!女の子!

というイメージがあるのは
私だけではないはず。。。

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

MVの意味・解釈

前楽曲『青春なんていらないわ』に続き

イラストレーターのダイスケリチャード
手がける、センス光るMVとなっています。

本当、イラストの色彩構成が素敵過ぎる。

映像の内容は、ピンクレモネードの中で泳ぐ女の子の姿が印象的に仕上がっています。

それでは、本題の歌詞に迫っていきます。

歌詞

いつからか頭の中は
君のことで忙しくなってる
心地よく でも落ち着かない距離が
きまぐれに私をからかってるんだ

ちょっと背伸びしてヒール
もっと自然で居たいのに
もどかしく揺れる気持ち

期待した未来の先
魔法をかけて ピンクレモネード
君の隣がいいの 伝えたくて
その袖掴む勇気が欲しい

始まりの香りがする
夢をみせてよ ピンクレモネード
君のそばに居たいよ 言葉よりも
響いた鼓動を気づかれないように

youtube.com

 

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈

1番

いつからか頭の中は
君のことで忙しくなってる
心地よく でも落ち着かない距離が
きまぐれに私をからかってるんだ

youtube.com

前提として、
主人公は、君にをしています。

頭の中が君で埋まってしまうくらい、
夢中になっているのです。

しかし、その気持ちの大きさと、関係性が比例するわけではありません。

現在の関係は、友達以上恋人未満
といったところでしょうか。

ちょっと背伸びしてヒール
もっと自然で居たいのに
もどかしく揺れる気持ち

youtube.com

背伸びしてヒールを履くのは、
君に釣り合うような自分になるため。

ここのフレーズだけで、
尊敬心を込めた、君への敬愛が伝わります。

そんな、敬愛して止まない君相手だからこそ、面と向かうだけで、おどおどしてしまうのでしょうね。

自然体でいたいという気持ち。

それと裏腹の行動に、
やるせなさを感じているのがわかりますね。

サビ1

期待した未来の先
魔法をかけて ピンクレモネード
君の隣がいいの 伝えたくて
その袖掴む勇気が欲しい

始まりの香りがする
夢をみせてよ ピンクレモネード
君のそばに居たいよ 言葉よりも
響いた鼓動を気づかれないように

youtube.com

これまでの流れから解釈するに

『ピンクレモネード』というのは

恋する主人公の脳内

といったところではないでしょうか。

同じような言葉で、
ピンクレンズといった言葉がありますよね。

そういった類の表現をしたいために、
わざわざ『ピンク』レモネード
にしたのではないでしょう。

ちなみに「ピンクレンズ効果」とは、簡単に言えば相手を色眼鏡で見てしまう事です。恋愛中に相手の事を正確に判断出来ないという、心理を意味します。

本楽曲の主人公も、
理性を忘れて恋に溺れてしまっています。

これらを踏まえると、
ピンクレモネードに溺れるMV
と辻褄が合います。

また

君の隣がいい

その袖掴む勇気が欲しい

君のそばに居たいよ

と、願望が羅列されると同時に

始まりの香りがする

と、未来の期待が描かれています。

願望が強く、それを繰り返すうちに、ピンク(理性がない状態)に脳が支配されて、根拠のないポジティブに覆われているのです。

ある意味、自分をポジティブにしてくれる(救ってくれる)ピンクは、勇気を振り絞る為には、なくてはならない感情の一つです。

そう捉えると

ピンク=勇気、期待

といった解釈もできそうですね。

最後には

響いた鼓動を気づかれないように

という、青春感、甘酸っぱさが伝わります。

感想

本楽曲のイメージは

恋する乙女の情景。

まさに、青春感溢れるナンバーでした。

恋をしているときの、周りが見えなくなるような、何にも代えがたいような気持ち。それが歌詞、タイトル、曲調から、グッと伝わってきたのではないでしょうか。

未来に期待したくなる

そんな一曲であったと思います。

【三月のパンタシア/ピンクレモネード】

MVと歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました