スポンサーリンク

三月のパンタシア【おすすめ人気曲ランキング10選】を歌詞・試聴付きで徹底紹介!

女性ボーカル「みあ」を筆頭に、複数のイラストレーターやコンポーザーから成るクリエイターユニット。

「三月のパンタシア」

2016年にデビューしてからというもの、YouTubeのMVやアニメのタイアップを中心に人気が加速。また人気の背景には、10代~20代のリスナーが「ハマり込む要素」が散りばめられている楽曲戦略にも秘密があります。

ここでは、そんな「三月のパンタシア」こと「三パシ」の絶対に抑えて頂きたい

おすすめ人気曲BEST10

を歌詞・視聴付きで紹介していきます。

初心者の方もファンの方も

是非、最後までご覧ください!

スポンサーリンク


10位 ソーダアイス

楽曲の詳細

勢いあるギターロックナンバー!

「ソーダアイス」

本楽曲は

恋人に嫌われたくなくて、
いい女を演じようとする女の子の気持ち

がテーマになっています。

これを聴いただけでも、
ピンとくる人は多いのではないでしょうか?

この気持ちは女性だけではなく、

男性も共感深いはず。

本心をさらけ出すと、恋人が何をしているのか気がかりで、話したいことや聞きたいことも山ほどあるけど、重いと思われたくないから「私は全然気にしてないですよ」という態度を取り続ける。その結果「あなたは強い人だね」と振られてしまう。

そんな、決して少なくはない
「恋愛情景」が歌われているのです。
(アルバムのインタビュー参照)

そんな切ない想いが、人気ボカロP「buzzG」によって、悔しさを吐き出すような力強いサウンドでアレンジされています。

切なさ×力強さの融合。

是非、お聴きください。

歌詞(一部抜粋)

髪がなびいて風鈴の音がして
過ぎ去る夏の背を見てた
君にかける言葉ごと、
蝉しぐれにかき消された

子供みたいに笑う顔
安っぽい味のソーダアイス
真水のようなあの日々が
乾いた喉を潤したの

作詞作曲:buzzG

9位 三月がずっと続けばいい

楽曲の詳細

悲しい別れを明るく歌い上げる

「三月がずっと続けばいい」

実は、本楽曲の歌詞は

女子高生の先生への片思いを描いた物語

となっているそうです。

だから「3月」なのです。

また、本楽曲はライブで楽しむ為の工夫もされており一緒に歌ったり、クラップをするパートがあります。

ライブに行く際は、
絶対に押さえておきたい楽曲ですね。

中毒性のあるアップテンポな曲調も◎

歌詞(一部抜粋)

三月がずっと続けばいい
叶わなくたって そばにいたいや
なんてことない 言葉で
なんでもないような 秘密で
わたしだけの あなたを探すの

三月がずっと続けばいい
さよならまでは 泣きたくないや
そっと ひらいた 花びら
いっそ このまま いられたら
「いつか」なんて知らず おわれたら
それでいいのに

作詞作曲:堀江晶太

8位 ビタースイート

楽曲の詳細

病み狂ったピアノメロディに注目。

「ビタースイート」

本楽曲のテーマは「依存」だそうです。

情景は「秋」「別れ」

確かに、一度聴くだけでそれを納得させてしまう奇怪なメロディが本楽曲にはあります。

個人的に中毒性がすごい。

インタビューでも綴られていましたが、他楽曲にはない「艶っぽさ」や「けだるさ」に惹き込まれること間違いなし。

歌詞では

  • 好きな人に会えないから苦しい
  • うまくいかないのはなんで

といった気持ちではなく

「なんで私はこの人から離れられないんだろう」

という自分に対する怒りや、
やるせなさを描いているそうです。

「心地いい憂鬱」をお楽しみください。

歌詞(一部抜粋)

どうかこのままもう離さないで
すがりつく想いは息が詰まるほど
口移しでも届くことはない
この苦い気持ちは 君の甘い匂いで
かき消されちゃうんだ

作詞作曲:すこっぷ

7位 恋を落とす

楽曲の詳細

切なくで胸がギュッとなる!

「恋を落とす」

本楽曲は、深川麻衣主演のwebドラマ
「恋を落とす」の為に書き下ろされたもの。

  • ぽつぽつと歌詞を零す丁寧なメロディ
  • 感情が吐き出されるサビ

このギャップにグッときます。

ヨルシカを結成したことでも有名なボカロP「n-buna」が作詞を努めているだけあって歌詞表現が深いです。

二度、三度と聴く回数を重ねる度に、
ハマり込んでいくこと間違いない、
深みのあるおすすめ楽曲です。

歌詞(一部抜粋)

人生の3/4
寂しい気持ちの2/5
愛情の10/10
君にあげたいのにな

叫んだ想いは愛の歌
何処にもいないんだ君はもう
あの日の私が泣いていた
涙枯らすように叫んで
想いは愛の歌
永い旅に出た君を
眠ったまま消えていく君を見ないように

作詞作曲:n-buna

スポンサーリンク

6位 はじまりの速度

楽曲の詳細

イントロで紡がれるピアノが美しい!

「はじまりの速度」

本楽曲は、アニメ「キズナイーバー」EDとして起用されたことで知名度を上げました。

  • 刹那的なピアノの旋律
  • 痛みが伝わるような歌声

それらが相まって心を打つ。

また、イントロからの流れで少しずつ楽器が加わっていき、音楽の重厚感が増していくのも本楽曲の魅力。

音楽を堪能する為、イヤホン聴きを推奨します。

この機会に是非、ご視聴下さい。

歌詞(一部抜粋)

君のね 悔しさ思うたび
泣きたくなるのはどうしてだろう?
一人じゃないからこその印だとしたなら
この痛みを抱きしめたいよ

作詞:岡田麿里 作曲:ARCHITECT

5位 フェアリーテイル

楽曲の詳細

優しい歌声が安らぎを与える。

「フェアリーテイル」

本楽曲は、TVアニメ「亜人ちゃんは語りたい」EDテーマに起用され、アニメファンも絶賛のテーマ曲でした。

「癒しが欲しい」

そんなあなたにぴったりな楽曲です。

歌詞(一部抜粋)

くだらないと笑ったり
ささいなこと怒ったり
何でもないことをそうやって心に刻んで
ふとしたとき寂しくて
きみがいると嬉しくて
かけがえのないものがこうやって少しずつ
わかりはじめていくんだね

作詞作曲:すこっぷ

4位 街路、ライトの灯りだけ

楽曲の詳細

n-bunaが描く冬の歌!

「街路、ライトの灯りだけ」

夜の街路が舞台となっている本楽曲は、

明るさと暗さが混じり合うナンバー!

これは、歌詞の物語の主人公の

  • 期待感もあるけど不安感もある
  • ワクワクするけど怖い

といった複雑な心情と対比させられています。

ゆったりした曲調の中でこそ強調される

「切ない歌詞」「芯のある歌声」

も魅力的です。

是非、お聴きください。

歌詞(一部抜粋)

君と夜を縫っていく
夜の街を縫っていく
暗い街路 ライトの灯りだけ
足音を刺した薄い夜
いつも君を待っていた
意味がそこで立っていた
下手な泣き真似をしている君が見える

作詞作曲:n-buna

3位 パステルレイン

楽曲の詳細

テンポと疾走感が中毒を生む!

「パステルレイン」

独特かつリズムに乗りやすいアップテンポな曲調が特徴的な本楽曲ですが、歌詞は相対的に切ない。

疾走感の中の切なさ

これは心奪われてしまいますね。

そして、ボーカルみあさんのクリアな歌声が「曲の入りやすさ」を助長する。

曲毎に声質を変えてくるのは凄い。

おすすめの中毒楽曲です。

歌詞(一部抜粋)

止まない雨は無い なんて君は言う
ならもうちょっと私 濡れていくわ
何もかも洗い流してはくれないけど
パステルレイン 滲ませてしまったのは
曖昧な今が ただ愛しいから
聞かないで 本当のとこなんて
知らなくっていいよ

作詞作曲:堀江晶太

スポンサーリンク

2位 ピンクレモネード

楽曲の詳細

ささやかなイントロからはじまる

「ピンクレモネード」

本楽曲は、TVアニメ『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』オープニングテーマソングとして起用されました。

MVで映されるのは、ピンクレモネードの中で泳ぐ少女の姿。

ピンク色が「恋」を想起させるように、「ピンクレモネード」の歌詞でも恋する乙女が主人公として綴られていきます。

恋する相手とのもどかしい距離感

いま現在、それを感じている人は、是非とも聴いて頂きたいおすすめ曲です。

歌詞(一部抜粋)

期待した未来の先
魔法をかけてピンクレモネード
「君の隣がいいの」 伝えたくて
その袖掴む勇気が欲しい
はじまりの香りがする
夢を見せてよピンクレモネード
「君のそばにいたいよ」
言葉よりも響いた鼓動
気づかれないように

作詞:分島花音 作曲:やいり

1位 青春なんていらないわ

楽曲の詳細

憂鬱と甘酸っぱさが交差する!

「青春なんていらないわ」

YouTubeにMV公開後、
圧倒的速度で拡散されていき、
三パシの人気に拍車をかけた代表曲です。

本楽曲がバズった理由は

  • n-bunaが作る中毒的な曲調・歌詞
  • ダイスケリチャードの朧げなイラスト
  • それらに呼応する、みあのクリアな歌声

という魅力点が影響しています。

思春期の女の子の憂鬱さや心の揺れを描いた「ガールズブルー」という企画の中で生まれた本楽曲には「女の子特有の憂鬱」「夏に恋する甘酸っぱさ」が詰め込まれています。

だからこそ女の子からの共感が高い。

また、中毒性のある曲調もそうですが、

情景が具体的に目に浮かぶような

歌詞表現が本当に秀逸

指先 体温に少し掠るくらいに伸ばしている

なんてセンス高すぎますよね。

まさに、おすすめ人気曲1位に相応しい楽曲です。

歌詞(一部抜粋)

ねぇ青春なんていらないわ
このまま夏に置き去りでいい
将来なんて知らないわ
花火で聞こえない振りをして
もう本当なんて言えないわ
ただ一つの言葉も出ないよ
ばいばいなんて言わないで
この夏も時期終わり

お祭りももう終わり

作詞作曲:n-buna

おわりに

凄腕作曲家、堀江晶太や、すこっぷ、ゆうゆ、40mp、n-buna、buzzGなどの人気ボカロPが楽曲を提供しているだけあり「三月のパンタシア」は本当に楽曲幅が広く、良曲揃いだったと思います。

また「三月のパンタシア」というユニット名には「終わりと始まりの物語を空想する」という意味が込められています。

三月のパンタシアの音楽は、三月という「終わりと始まりが重なる」時期に生まれる感情を音楽にして届けたい、という想いから生まれた。ユニットのコンセプトは「終わりと始まりの物語を空想する」であり、ユニット名の「パンタシア」はラテン語で「空想」を意味する。

引用:Wikipedia

だからこそ彼女らの楽曲には「岐路に立った主人公の葛藤」「期待感と憂鬱感が入り混じった複雑な感情」が描かれているのです。

共感を呼ぶ楽曲が多いのも納得。

【三月のパンタシア/
おすすめ人気曲ランキングBEST10】

の紹介でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました