スポンサーリンク

【終末じゃない/ぬゆり】歌詞とMVの意味を徹底解釈!何をしても失敗する主人公が導き出した答えとは?

【ぬゆり – Flower・心華】

「終末じゃない」について

MVと歌詞の意味を徹底的に

解説していきたいと思います。

MVといい、メロディといい全てが

オシャレなこの楽曲!

歌詞もかなり共感性の高い内容になっています。

是非、最後までご覧ください!

スポンサーリンク


楽曲名「終末じゃない」とは

「終末」とは

物事が最後に行きつくところ。おわり。しまい。

「じゃない」とは

前文を否定する意味が込められています。

という意味になっています。

「終末じゃない」

まだ終わりではない

という解釈ができますね。

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

MVの意味・解釈

歌詞以外の部分としてイントロで

  1. 「時時:分分」
  2. 「千差万別」
  3. 「眠気頭痛」
  4. 「防御」
  5. 「toumei(透明)」

といった意味深な文字が羅列されます。

ざっと文字だけを解釈すると

  1. 時間に追われている主人公
  2. 種々さまざまの違いがあること
  3. 体調が優れない主人公
  4. 自分の身を守る主人公
  5. 周りから無視されている(?)主人公

という風になります。

歌詞を細かく紐解いていくことで

さらに深く追及できそうですね。

深堀していきます。

歌詞

ただ自分の道だけ踏みしめて歩きたくて
はみ出さないようずっと慎重に進んでた
ただ自分を信じてまっすぐに線を引いて
乱されたくない思いで忌み嫌っていた

ただ自分の道だけ踏みしめて歩きたくて
終着だけを見据えがむしゃらに進んでた
もう時間がないんだ
止まる余裕もないんだ
鮮やかに見とれたいんだ

光景に 憧憬に 狂気を嫌っていたんだ
正しく在りたくて 甘い思いも
独りよがりも 許せなかった
病魔を恐れているんだ
ただ逃げ切りたいだけ 後悔の愛を
いつでも どこでも すがっていて

もうやっぱり息が苦しい
藻掻くせいで傷つけてしまった
どうやってもただ清潔で
どこまでもいけると信じてたんだ

今時間を報じて 振るう手は空を切った
噛み合わなくて溶け合うことを恐れてた
また答えを余して光明は靄がかって
閉じこもり息を殺した 最低だ 最低だ

用意は終わっていたんだ
ただ慣らしていくだけ 過ぎた潔癖も
蹴った後悔も 意味はなかった
興味は深く沈んでいた
顔も上げられなくて
秘密は 秘密のまま 消えると思っていた

もう何にも使い切れない
見えない毒に削られたまま
ねえ今更君に聞けない どこまでが終着なんだ

今更分かり会えない
今更分かち合えず 触れられないんだ
今更分かり会えない 今更分かち合えない
寄る辺なき僕らは 待っていた

もうやっぱり息が苦しい
どうやってもただ清潔で
もうやっぱり不安は要らない
始まりは終わりを拭い去った
どう在っても正解じゃない
拙くて逸れていく道を往こう
今日ばっかり繰り返さないで
もう何でも飲み込んでいくように

utaten.com

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈

1番

ただ自分の道だけ踏みしめて歩きたくて
はみ出さないようずっと慎重に進んでた
ただ自分を信じてまっすぐに線を引いて
乱されたくない思いで忌み嫌っていた

utaten.com

主人公には目指しているもの

つまり「夢」「目標」があるようです。

その夢をただ信じ続けて

夢を叶えることだけを考えています。

そのために、周囲の人間や社会に惑わされないよう

他(人)を拒絶していたようです。

ただ自分の道だけ踏みしめて歩きたくて
終着だけを見据えがむしゃらに進んでた
もう時間がないんだ
止まる余裕もないんだ
鮮やかに見とれたいんだ

utaten.com

終着というのは

この歌詞でいう「夢」「目標」のことです。

それらの達成しか考えていないのです。

しかしここで

もう時間がないんだ
止まる余裕もないんだ

とあります。

何らかの理由で主人公には

「時間がない」ようです。

どうしてでしょうか。

また、その時間がない中で

叶えたい「夢」とは何なのでしょうか。

次の歌詞で明らかになります。

光景に 憧憬に 狂気を嫌っていたんだ
正しく在りたくて 甘い思いも
独りよがりも 許せなかった
病魔を恐れているんだ
ただ逃げ切りたいだけ 後悔の愛を
いつでも どこでも すがっていて

utaten.com

「時間がない」の解釈の糸口として

ここで

病魔を恐れているんだ

とあります。

もしかすると主人公(もしくは携わる誰か)は

病気にかかっており余命が短いのかもしれません。

 

そして「夢」の解釈の糸口としては

後悔の愛を
いつでも どこでも すがっていて

という部分になると思います。

主人公が常に考えていることは

過去の後悔した恋愛

それを再熱させることなのかもしれません。

サビ1

もうやっぱり息が苦しい
藻掻くせいで傷つけてしまった
どうやってもただ清潔で
どこまでもいけると信じてたんだ

utaten.com

主人公の追い求める夢を

過去の恋愛

とするならば

そのせいで主人公は

もうやっぱり息が苦しい

のでしょう。

そして恋人を引きずることで

相手にも迷惑をかけたのでしょう。

藻掻くせいで傷つけてしまった

の部分がそこにあたります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました