スポンサーリンク

【52Hz/神様、僕は気づいてしまった】歌詞の意味を徹底解釈!世界一孤独な「鯨」が描かれる!?

【神様、僕は気づいてしまった(神僕)】

「52Hz(ヘルツ)」について

MVと歌詞の意味を徹底的に

考察および解説していきたいと思います。

さすが神様!

と言わんばかりにメッセージ性が込められています。是非、最後までご覧ください。

スポンサーリンク


楽曲名「52Hz」の意味・解釈

皆さんは、52Hzのクジラを知っていますか?

ここでいう「Hz」とは

鳴き声の周波数。

を意味します。

つまり、「52Hz」という楽曲タイトルは

あるクジラの周波数が由来。

実はこの52Hzのクジラ

にまつわる話はとっても悲しくて切ない。

なぜなら、一般のクジラ類が言語・歌で互いに呼び交わす周波数は15~25Hzだから。

勘の言い方は、ピンと来ているかも知れませんが、52Hzのクジラは通常より高い周波数しか発することが出来ないために、仲間の誰とも繋がることができないのです。

孤独の象徴

とまで言われています。

この楽曲名が歌詞の内容と

どのように関与しているのでしょうか。

MVの意味・解釈

神僕のスタートとなる楽曲

「だから僕は不幸に縋っていました」

のミュージックビデオがYouTubeで公開されて、ちょうど2年にあたるタイミングで公開されたのが本MVとなります。

今回紹介している「52Hz」は彼らの最新シングルストレイシープ / 匿名」のカップリング曲で、上記で述べたように

52Hzの周波数帯で鳴く孤独なクジラ

をモチーフとしたナンバー。

MVで登場するクジラは、
まさに52Hzのクジラなのです。

では、本題の歌詞に迫っていきます。

歌詞

幾許と愛を偲んだか
深海のような倦怠感
厭世すら飽食した 幾億と宙を仰いだか
水泡に帰したSOS
風浪から僕の過ちを救ってほしいんだ

虚ろ目な諦めが僕を
責め立てて閉じ込めて
心の水底へと沈んでく

酸欠めいた命が歌った 泡沫の哀傷挽歌
ここにぼくはいるよ
間違った声で歌った
一瞬のメーデーだった
暗礁の孤独を背負って泳いだ

本能も生を厭ったか
ブラックアウトしていく皮膚感覚
胸臆には体温は無い
幾億と宙を仰いだか 鉄窓みたいな水平線
どうやっても太陽の光には達しやしないさ

水面から見えるのはどれも
折れ曲がる未来だけ
ぼやけた世界にたった一人きり

酸欠めいた命が歌った 泡沫の哀傷挽歌
ここにぼくはいるよ
間違った声で歌った
一瞬のメーデーだった
暗礁の孤独を背負って泳いだ

絶海も同然だった深層心理を
本当は誰かに掬って欲しくて
それがどれだけ滑稽だったとしても
何遍と間違おう

存在を 命の証を 成そうとした鎮魂歌
ここにぼくはいるよ
消えゆく心臓が歌った 一瞬の弔鐘だった
暗礁の孤独を掲げて消えた

utaten.com

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈

1番

幾許と愛を偲んだか
深海のような倦怠感
厭世すら飽食した 幾億と宙を仰いだか
水泡に帰したSOS
風浪から僕の過ちを救ってほしいんだ

utaten.com

全歌詞を通して

52Hzのクジラの孤独感

これが高い語彙力によって綴られています。

幾許とは、数量・程度が不明であること。

偲ぶとは、
過ぎ去った物事や遠く離れている人・所
などを懐かしい気持ちで思い出すこと。

数えることができないほど、「愛」という名の他者との繋がりを願う52Hzクジラ。しかし、周波数が違うから繋がれない。待っているのは倦怠じみた孤独感。

厭世とは、
世の中をいやなもの、
人生を価値のないものと思うこと。

飽食とは、
あきるほど腹いっぱい食べること。

風浪とは、
海面上を吹く風によって直接起された波。

孤独を飽きるほど食らい、宇宙のように暗くて広い深海を彷徨い続けるクジラ。その心は深海から海面(光りある世界)に連れ出してほしいといったもの。

虚ろ目な諦めが僕を
責め立てて閉じ込めて
心の水底へと沈んでく

utaten.com

虚ろ目とは、
目に光やハイライトがない状態のこと。

深海にいるから、目に反射する光すら存在しない。また、心理的にも深海のような暗い場所にいるから、虚しい目をしている。誰と交わることもなく、クジラは冷たい水底に潜っていく。

サビ1

酸欠めいた命が歌った 泡沫の哀傷挽歌
ここにぼくはいるよ
間違った声で歌った
一瞬のメーデーだった
暗礁の孤独を背負って泳いだ

utaten.com

哀傷挽歌とは、死に伴う悲しみの歌。

メーデーとは、労働者の国際的祝日。

暗礁とは、常に水面下にある岩礁。

息ができない、まさに“死”を常に感じているような孤独。その中で必死に存在の主張をするクジラ。でも間違った声(他と違う周波数)だから、誰も気づかない。一瞬の期待だった。いつもと変わらず深海の中を孤独に泳いでいく。
2番に移ります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました