【花譜】おすすめの人気曲ランキングTOP10を歌詞・試聴付きで徹底紹介!

人気急上昇筆頭株のバーチャルシンガー

「花譜」

の絶対に知っておきたい

おすすめ人気曲BEST10

  • 楽曲の詳細と視聴
  • 歌詞
  • リスナーの感想

込みで、徹底的に紹介していきます。

初心者の方もファンの方も

是非、最後までご覧ください!

スポンサーリンク


ランキングの順位基準

今回は「花譜」のおすすめ人気曲ランキングを、批評とともに紹介していきますが、まずは皆様に安心してご覧頂けるように、当サイトの順位基準を紹介します。

 

当サイト「脳MUSIC 脳LIFE」

ランキングの順位基準は、

執筆者の主観的な評価に加えて

  1. CD、アルバムの売り上げ枚数
  2. ダウンロードの販売件数
  3. MVの再生回数
  4. 大手音楽配信サービスの人気順
  5. SNS、MVのコメント欄などの視聴者の声

など、客観的な要素を多く加味しており、「おすすめ人気曲ランキング」として、堅実で信憑性の高いランキング付けを行っています。

その為、安心してご覧ください。

 

では、さっそく曲の紹介に移っていきます。

10位 quiz

楽曲の詳細

最初から最後まで「綺麗」に尽きる

「quiz」

この曲は、1st ALBUM「観測」の収録曲。

ちなみに本楽曲が収録されている1st Album「観測」は、かなり良曲揃い。そのため当ランキングにも収録楽曲が積極的にランクインしていきます。

実はこれには理由がありまして、全曲の作詞・作曲・編曲を、「命に嫌われている。」「あの夏が飽和する。」で有名な人気ボカロP、カンザキイオリさんが担当しているのです。

これと、花譜さんの歌声、川サキさんの作る映像が混ざり合うものですから、そりゃもういい作品が出来るわけですよ。

 

では、楽曲単体に着目していきます。

本楽曲のタイトル「quiz」という単語の意味は

  • 質問、クイズ
  • からかい、悪ふざけ

の意味があります。

全体的にラブソングのような内容で構成されている本楽曲の歌詞ですが、この二つの意味のどちらを当てはめても曲解ができる内容になっています。どちらの意味も包括するべく「quiz」というタイトルが付けられたのかも知れません。

歌詞(一部抜粋)

庇いあって慰めあって
一時の迷いを
笑いあって探しあって
一時の優しさに惑ろう
最後に出会うのは
痛みか?間違いか?
大丈夫だよ 大丈夫だよ
きっと

作詞作曲:カンザキイオリ

リスナーの感想

メロディーが特殊過ぎて花譜ちゃんにしか歌えなさそうって思ったのを覚えてます。むしろこの曲で花譜ちゃん以外のvocalを考えられない。それぐらい特殊で、綺麗な曲。

カンザキイオリさん語彙力がすごすぎる。作詞センスありすぎって思いました。花譜ちゃんの歌声×カンザキイオリさんの作詞。これはまさに神といってもいいぐらいのレベルだと思います。すばらしかったです。感動しました。

quizってどこかの国で[存在しない言葉]をどれだけ流行らせられるかっていう遊びをやったときに生まれたんだって。街中にquizって単語を書いた人がいて、それが[謎の言葉]だって街の中で話題になった。そんでそこからquizが[謎]って関連付く意味の言葉になったんだって。

9位 そして花になる

楽曲の詳細

映像も音楽も歌声も◎

「そして花になる」

この曲は、1st Album「観測」の収録曲。

花譜さんは本楽曲について

今の私の全てが詰め込まれた楽曲

とコメントしています。

このコメントから読み取れますが、本楽曲は花譜さん、ひいてはカンザキイオリさんの決意表明のような楽曲だと感じています。好きだから音楽をやっている。誰に何と言われてもそれを曲げることはないぞ、と。

「好きなものを、好きなことを、
好きでいることに理由はいらない」

なんて心の底から揺さぶられちゃいます。

歌詞(一部抜粋)

私が歌を歌うのは
歌が好きだったってわけさ
好きなものを 好きなことを
好きでいることに理由はいらない
だから私は歌うのだ
名前のない花が咲いた
あなたが知らなくたって
どうでもよかった
でもあなたがいるから
私は私になれる

作詞作曲:カンザキイオリ

リスナーの感想

歌も曲も映像も最高だわ。

カンザキさんと花譜ちゃんらしさが詰まってるんだけど、新しさもあって、すごい綺麗です。

ただただ純粋で真っ直ぐで正直で透明で色鮮やかな刃が胸に刺さった。

8位 忘れてしまえ

楽曲の詳細

背中を押してくれるお別れソング!

「忘れてしまえ」

この曲は、1st Album「観測」の収録曲。

本楽曲について花譜さんは

わたしだけのうた。みんなとわたしだけのうた。この世界の誰かの為のうた。仮想世界からあなたへココロを込めて。

とコメントを残しています。

実は本楽曲を公開した後、花譜さんは一時的に活動を休止しました。(受験シーズンに勉強に集中する為に)

お別れに対して「忘れてしまえ!」とあくまでも強気に謳われる本楽曲ですが

遠くにいるあなただけが
全ての意味を抱くのだ

など、どんなに離れてしまったとしても存在だけで意義があるといった内容の歌詞は、一時的に離れてしまうファンとの距離感を歌っているように感じます。

歌詞(一部抜粋)

笑うなら 描くなら今だ
言葉なんかじゃ伝わらない
空に放つライン
狂い合う愛
間違いさえ貫いた
道しるべはここだったのか
全ては君が学ぶのだ

作詞作曲:カンザキイオリ

kリスナーの感想

曲中に出て来るホオズキの花言葉は
偽り・ごまかし・欺瞞
だそうです。
素敵な歌をありがとうございます。

透き通った声でめちゃくちゃ好きです。

幸せな時間はあっと言う間に過ぎ去っていく…僕はただ再びその時が訪れるのをずっと待ち続けよう…

スポンサーリンク

7位 夜が降り止む前に

楽曲の詳細

花譜史上初の映画主題歌となった

「夜が降り止む前に」

この曲は、第1弾アルバム「観測」の収録曲であり、映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」の主題歌。

映画監督を担当した山戸さんは

花譜さんとカンザキさんの芽吹くような才気に、心打たれました。エンドロールの暗闇に、歌声と物語と聴く人の心が、交わる主題歌でした

と映画主題歌としての本楽曲を絶賛しています。

芽吹くような才気

まさしくそれを感じることができる1曲です。

やはりカンザキイオリ×花譜は最強。

歌詞(一部抜粋)

届けに行くんだ
濡れすぎた夜空が
僕らに呼吸を許さなかった

もがき歩いた
満たされた光に
1度きりの言い訳を
夜が降り止む前に

作詞作曲:カンザキイオリ

リスナーの感想

ホットギミックを観てきました。エンディングでのこの花譜さんの「夜が降り止む前に」が流れホットギミックの世界観を表してる曲でもあります。流れてる時に涙が出ました。

カンザキイオリ×花譜の時点で神なんだよなぁ。「濡れすぎた夜空」とか「遠く鳴る海が奪い去る」とかカンザキイオリさんの言葉選びのセンスと花譜さんの儚い歌声がもう…やばい。

なんでそんなにピアノと相性最高なんだ、花譜ちゃんの歌声は…

6位 魔女

楽曲の詳細

透き通る歌声を存分に堪能できる

「魔女」

この曲は、1stEP「花と心臓」の収録曲。

改めて、歌唱力の高さを思い知らされます。この歌を歌った当時、花譜さんはまだ14歳だったというのが本当に驚愕的。独自の歌い方を確立していて、既に声の使い方も巧い。この歳で完全に自分の世界観を得ているシンガーが日本にどれだけいるのだろうか。

歌詞(一部抜粋)

これは魔法だ
生きた日々を忘れた
私の奇跡だ
永遠の時代で
反逆者になったの
偽物の子供達

作詞作曲:カンザキイオリ

リスナーの感想

歌うために産まれたんじゃないかってくらい素晴らしい声してますよね。

花譜さんももちろん凄いけど、この曲を作ったカンザキイオリさん本当にすげぇ…

ラスサビの入りで鳥肌ブワァってなった(語彙力)

5位 雛鳥

楽曲の詳細

涙を誘う卒業ソング!

「雛鳥」

この曲は、第1弾アルバム「観測」の収録曲。

8位で紹介した「忘れてしまえ」での活動休止後、受験シーズンを終えて約束通り帰ってきた花譜さん。彼女は志望校に無事進学し、本格的な活動を再開したのです。

復帰ソングなのに別れを歌う「雛鳥」

リリース時期や「さよならなの全部」「大人になるの」といった歌詞の内容から察するに、本楽曲は「卒業ソング」です。そう解釈して曲を聴いていると、卒業の情景が頭に浮かび胸が熱くなるのではないでしょうか。

歌詞(一部抜粋)

さよならだよ全部
忘れてしまえ
日暮れの匂いと共に霞む言葉
前だけを見なよ 私を置いて
君のいない夏へ
君のいない空へ

作詞作曲:カンザキイオリ

リスナーの感想

もう狂おしいほどに待ってた。おかえりなさい。勝手に入学ソングと勘違いしてたけど,時期的にも卒業ソングだったか。最後の涙はやばいて。

復帰のタイミングで別れの曲か……

花譜ちゃんの受験が終わったタイミングで卒業を連想させる曲か……

カンザキイオリさん×花譜=神

最強の「か」が3つ揃ってる

スポンサーリンク

4位 糸

楽曲の詳細

記念すべき初の花譜オリジナル楽曲!

「糸」

この曲は、1stEP「花と心臓」の収録曲。

後続していく楽曲達の先陣を切った本楽曲ですが、初めて「糸」のMVを視聴したときは、心がダイレクトに歓喜していたのを今でも覚えています。

  • カンザキイオリさんの作る音楽
  • 川サキ ケンジさんの作る映像

これらの尖った才能と花譜さんの歌声が混じり合うから、ここまで革命的な楽曲が生まれたのです。

「糸」と「意図」を重ね合わせた、カンザキイオリさんが紡ぐ魅力的な歌詞にも注目のナンバーです。

歌詞(一部抜粋)

絡まる意図が濡れて解けなくて
どこにも逃げられやしない
切り離してしまえば忘れるのに
どうして どうして できないんだろう
どうして どうしてなのだろう

作詞作曲:カンザキイオリ

リスナーの感想

あーもうほんとカンザキイオリさんの作詞ってこう胸にくるんだよね….それを花譜が感情的に歌ってくれるからこっちの感情の逃げ道がなくなる。

花譜ちゃんを最初に知った時からずっと、これって絶対すごいプロジェクトなんだろうなって思っていましたが、やっぱりそうだったみたいですね。 最高でした。 有名になってほしい反面、留めておきたい思いもありますが、私はぜひみんなに花譜ちゃんを知ってほしいです。

カンザキイオリさんが作詞作曲してたから聴いたけど花譜さんの、声とかMVの表情とか凄い良くて、バーチャルなのにバーチャルじゃなく見えてくるくらい表情豊かで良かったです。歌い方も泣きそうなとことか、歌い方で曲を一生懸命表現してる感じがものすごく良いし、あと、歌の語尾?も好きです。

もうほんとに語彙力追いついてないけど、とりあえず好きです。1曲聞いて好きになりました。ほかの曲もどんどん聞いていこうと思います。

3位 夜行バスにて

楽曲の詳細

歌い出しから世界観に惹き込まれる

「夜行バスにて」

この曲は、1st ALBUM「観測」の収録曲。

MVのアニメーションは「Eve」「ずっと真夜中でいいのに。」等のMVでもお馴染みのWabokuさんが担当。

これまで紹介してきた楽曲とは、雰囲気そのものが違います。花譜×カンザキイオリのコンビがまた新たな側面を見せてきました。

歌い出しの「静」と、それ以降の「動」のギャップが凄まじく、一瞬で虜にされてしまうこと間違いなしです。

解釈幅のあるMVの物語にも注目です。

歌詞(一部抜粋)

遠い目をした街灯が
今更責めたててくる
夜行バスはあと五分
ざわついた灯りが揺れている
嫌気がさした母に連れられ
二人で浴びた朝日は
今も 覚えている

作詞作曲:カンザキイオリ

リスナーの感想

既視感あったけどやっぱwabokuさんか…最高

夜行バスっていいよね。周りに誰もいなく、1人だけ乗ったバスが夜道を走ってるのを想像すると感傷に浸れる。殺風景で周りの音も何も聞こえない。そして言うまでもなく歌声と映像が最高に好きすぎる。

最後の棺桶が、「生きていた」って言うのを表してるのかな…って考えてら鳥肌たった…今回もすごい歌をありがとう、花譜ちゃんとカンザキさん。そして、素晴らしい動画をありがとう、Wabokuさんと神椿レコードさん。

2位 心臓と絡繰

楽曲の詳細

花譜の知名度を引き上げた作品!

「心臓と絡繰」

この曲は、1stEP「花と心臓」の収録曲。

花譜の送る独自の世界観はこの「心臓と絡繰」という作品を通じて、多くの人に知られました。しかし、ほぼ無名状態からスタートした彼女が「心臓と経絡」で突然100万再生を叩き出したことで、何らかの再生数の操作を疑われたことがあったほど。(実状は、動画広告のリンクからのURLクリックが多かっただけなのですが)

これって凄いことですよね。

普段ならきっと何気なくスキップする広告も、作品の魅力に惹き込まれて多くの人がお目当て動画そっちのけでMVのリンクに飛んで行ったのです。

このエピソードだけで本楽曲のクオリティの高さ、魅力が十分に伝わるのではと思います。

「心臓と絡繰」

未視聴の方はぜひこの機会に。

歌詞(一部抜粋)

優しさも仕草も何もかも嘘でも
思うように信じたものを選ぼう
戸惑いだって有るよ
それでも教えてよ
この雨の解答を見せて

作詞作曲:カンザキイオリ

リスナーの感想

この曲改めて思うけど、本当に花譜のためのオリジナル曲なんだなって思う。この曲歌いこなせる人は花譜しかいないと思う。

サビで一気に来るのはずるいよ…涙が出ちまう…最後の表情好きすぎて天国へと旅立ったわ。

イントロから最後までずっと鳥肌たってた…歌声がせつなすぎるよ…

スポンサーリンク

1位 過去を喰らう

楽曲の詳細

花譜の圧倒的代表曲!

「過去を喰らう」

この曲は、第1弾アルバム「観測」の収録曲。

本当にかっこいい楽曲。

付いて行きたくなるほど痺れるギターサウンドにリードされ、疾走感を保ったままAメロ→Bメロ→サビへと展開されていく。まさに絶え間ない「かっこいい」の連続です。そしてこれが心地良い。

川サキさんの作る映像美も、カンザキさんの紡ぐ感慨深い歌詞も、花譜の惹かれる歌声も何もかもが「バズる要素」になっているのです。これが流行らないわけがない。

堂々たるおすすめ人気曲ランキング1位の花譜の代表ナンバー。

歌詞(一部抜粋)

あなたの笑顔がここにあるなら
諦めなんてしなかったんだ
あなたの言葉を思い出すから
慰めなんていらなかった
生きる意味ばかり思い出すから
優しさを常に疑った
あなたの涙を見て笑えたら
今更恥など知らなかった

作詞作曲:カンザキイオリ

リスナーの感想

「言葉で全て解決するなら、ここまで涙は出なかった」の所、泣きそうな声で歌うのは反則でしょ……

歌詞も音楽も演出も全てがカッケー。こんなん毎日聴いてしまうわ…

PVのセンスの良さが異常。文字の出方、場面の移り変わり、光の当て方とか。

「花譜」のおすすめ曲まとめ

今回は「花譜」の人気曲ランキングを紹介していきました。

ランキングをまとめると

  1. 過去を喰らう
  2. 心臓と絡繰
  3. 夜行バスにて
  4. 雛鳥
  5. 魔女
  6. 夜が降り止む前に
  7. 忘れてしまえ
  8. そして花になる
  9. quiz

という結果になりました。

改めてどの作品も質が高い。

  • 人気ボカロPのカンザキイオリさんからの楽曲提供
  • 映像クリエイターの川サキ ケンジさんが手がけるMV
  • 花譜の歌唱力

これらの化学反応が今までにない世界観を作り出しているから、リスナーの心が撃ち抜かれていくのは必然的なのでしょう。

感動脳を揺さぶれる1曲には出会えたでしょうか?

【花譜のおすすめ人気曲ランキングBEST10】

の徹底激選でした!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました