スポンサーリンク

【Official髭男dism/ビンテージ】歌詞の意味を徹底解釈!タイトルに込められた想いに注目!

「あいのり」の第3弾主題歌!

【Official髭男dism(通称:ヒゲダン)】

「ビンテージ」について

歌詞の意味を徹底的に

考察および解説していきたいと思います。

タイトルに込められた想いに注目のナンバーです。

スポンサーリンク


楽曲の基本情報

今回紹介する「Official髭男dism」の「ビンテージ」は、恋愛バラエティ「あいのり」のシリーズ第3弾「あいのり:African Journey」の主題歌として起用された楽曲であり、メジャー1stアルバム「Traveler」の収録曲となっています。

髭男は本楽曲について

“ビンテージ”という楽曲を作りました。ビンテージって言うと、楽器、服、他にも様々なものがありますが、今日という日の思い出もいつかそんな風に呼ぶことが出来て、思い出す度に嬉しくなれると良いなという気持ちを歌っています。例えば楽器を例にとってみると、運んだ時にぶつけた傷、ベルトのバックルにあたって剥がれてしまった塗装さえも、その楽器だけのものとして愛おしく思えたりします。「あいのり:African Journey」の皆さん、リスナーの皆さんが、幸せな日だけじゃなくて、苦悩した日の事も振り返る度に愛おしくなりますように。

とコメントしており、

「あいのり」のスタジオCMを努めるベッキーは

何も知らずに、いつものようにヒゲダンさんの音楽を聴いて、気分を高めて、あいのりAfrican Journeyの初回の収録に臨み、そこで主題歌が髭ダンさんと知り、衝撃を受けました! 嬉しいです! 嬉しすぎます! 幸せでしかない! 天才的な歌詞に感動しました。メロディーにも優しく包まれました。髭ダンさんのこの曲が、あいのりAfrican Journeyを盛り上げてくれて、そして、全国の恋する方々の背中を押すことでしょう。Official髭男dismさん! ステキな楽曲をありがとうございます!

と、髭男が提供した主題歌ソングを絶賛しています。

これらのコメントから

  • 思い出す度に嬉しくなれるように
  • 感動する天才的な歌詞
  • 優しいメロディー

といった楽曲に込められた想いや聴きどころを把握することができますね。

サルー
サルー

「ノーダウト」や「FIRE GROUND」のように盛り上がりを見せる楽曲も良いですが、髭男の強みはボーカル藤原さんの歌唱力の高さを活かした、歌詞がスッと入ってくるような歌を聴かせる楽曲にあると個人的に思っています。まさに「ビンテージ」この曲がそれに当たるのです。

楽曲名「ビンテージ」とは

「ビンテージ」とは

年代もののこと。

という意味になっています。

サルー
サルー

ただ古いだけでなく、年月を経て程良く味わいがでたものを指しますね。日常生活で使われる代表としては、ジーンズや老舗ブランドのアンティークなどでしょうか。

思い出す度に嬉しくなれるように

とコメントで述べられていましたが、その想いが「ビンテージ」の中には込められているのです。

ビンテージという表現、センス◎ですよね。

では、本題の歌詞に迫っていきましょう。

歌詞

現在、歌詞は公式的に発表されておらず、上の動画でのみ視聴できるようになっています。

そんな僕は君という人に会えて
大事にことに気付かされた

綺麗とは~(中略)

酸いも甘いもって言えるほど
何も僕ら始まっちゃいないけど

褪せた思い出もビンテージなんていって
振り返るたびに笑えるようにと
大切に日々を重ねよう

かけがえのない今を

現時点で耳コピ可能な範囲を抽出しました。

歌詞の意味・解釈

現時点で分かる内容からは

何気ない日常の美しさ・儚さ

がグッと伝わってきます。

褪せた思い出もビンテージ

とあるように、苦悩を抱えた日々も心躍った瞬間も全ては「思い出」になります。今日、私たちが行った出来事も、未来の自分が思い出話として語っているかも知れません。

未来の自分が少しでも楽しめるように

「大切に日々を重ねよう」

と言っているのです。

サルー
サルー

個人的な意見ですが、たくさん思い出話で笑えるように「多くのことを経験しよう、挑戦しよう」というメッセージも伝わってきました。とにかく背中を押されるような気分になりました。

歌詞の全容が公開され次第追記していきます。

楽しみにお待ちください。

感想

全容の公開が楽しみでなりませんね。

情報入手次第、追記致します。

【Official髭男dism/ビンテージ】

歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました