TwitterはこちらApple Musicのレビュー

【BTS/Butter】歌詞(和訳)の意味を徹底解釈!彼らにとっての「バター」とは何なのか。

3番

No ice on my wrist
I’m that n-ice guy
Got that right body and that right mind
Rollin’ up to party got the right vibe
Smooth like butter
Hate us love us

僕の手首にキラキラした宝石はないけれど
それでも僕はイケてるはずだよ
健やかな身体と健常な心をもっている
いい雰囲気のところで パーティーに参加するんだ
バターのようになめらかに
僕らを嫌いでも好きでも

パーティー会場を彷彿させる3番の情景。

イメージ的にはゴージャスな客人で賑わう会場といったところかなと。

 

その中で他の人と自分を対比しているのが「僕の手首にキラキラした宝石はないけれどそれでも僕はイケてるはずだ」といった部分になります。

 

アクセサリーで輝くのではなく、身体と君を想う心で光を放とうしているのです。

 

Fresh boy pull up and we lay low
All the playas get movin’ when the bass low
Got ARMY right behind us when we say so
Let’s go

イケてる奴が出ているなら 僕たちはじっとしている
重低音が響くと 人々は踊りだして
僕たちは後ろにARMYを携えて言うんだ
さあ、行こう

自分たちの他にも人々を喜ばせる人がいるのならば、僕たちはじっとしていても構わない。

けれど音とリズムさえなれば、一緒に盛り上がってくれるARMYとともに弾けることができるのです。

 

ラストサビ~

Side step right left to my beat (heartbeat)
High like the moon rock with me baby
Know that I got that heat
Let me show you ‘cause talk is cheap
Side step right left to my beat (heartbeat)
Get it, let it roll

僕の鼓動に合わせて 左右のステップ
月の高さまでアガって 一緒に楽しもう
僕の熱が分かってきただろう
口では何とでも言えるから僕が見せてあげる
僕の鼓動に合わせて 左右のステップ
それじゃあ、始めてみよう

Smooth like (butter)
Cool shade (stunner)
And you know we don’t stop

バターのようになめらかに
サングラスをかけたイケてる僕の姿
僕らは止まったりなんかしない

Hot like (summer)
Ain’t no (bummer)
You be like oh my god

夏のように熱く
失望はさせない
君は“なんてことだ”と言うよ

We gon’ make you rock and you say (yeah)
We gon’ make you bounce and you say (yeah)

Hotter?
Sweeter!
Cooler?
Butter!

Get it, let it roll

僕らが君を盛り上げるから、君は(yeah)って叫べばいい
僕らが君を飛び跳ねさせて、(yeah)って言わせるよもっと情熱的に?
もっと甘ったるく?
もっとクールに?
Butter!それじゃ始めようか

盛り上がりが最高潮に達したところで、しかも散々熱狂と甘美を煽った後で「Butter!」と叫ばれ、歌詞は締められていく。

 

「Butter」という文字列は食べ物のバターと同じスペルであり、基本的に楽曲内でもそれを連想させるように歌詞が描かれていますが、実は若者スラングの中には「とってもよい事・素晴らしいもの」という意味があります。

 

情熱的に揺れ動いて君とハイになる。

彼らはその行為こそを「Butter」と認識しているに違いない。

 

感想

歌詞に「ARMY」と出てくるあたり、彼らがどれだけファンを愛しているのかが伝わってきますよね。

 

それと陳腐な感想かも知れませんが、中毒性がすごいですねこの曲。記事執筆中ずっとButterを流していたわけですが、飽きることなくノリノリで記事執筆を終えました。

 

【BTS/Butter】

歌詞の意味の解釈でした!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. v「て より:

    いいねぇ

タイトルとURLをコピーしました