スポンサーリンク

もう切ないとは言わせない》歌詞の意味とMVを徹底解釈!恋人の大切さに気付いた主人公の誓いとは!?

ゲスの極み乙女。が

結成6周年を記念して配信した

「もう切ないとは言わせない」

ついてMVと歌詞の意味を

解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

楽曲名「もう切ないとは言わせない」とは

「もう切ないとは言わせない」について

切ないとは

悲しさ・寂しさなどで、
胸が締めつけられるような気持ち。

という意味になっています。

もう、そんな気持ちにはさせない

という相手に対しての誓いが伝わりますね。

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょう。

MVの意味・解釈は?

MVの監督を努めた岡田文章さんは

かつての青くささを引きずってる大人の男女を描いたら、10代のそれより青くさくなるんじゃないかっていう企みです。
芳醇どころか甘酸っぱさすら感じる、4人のアナザーストーリーを、結成6周年を迎えたゲスの極み乙女。に贈ります。

とコメントしています。

川谷さん率いるもう一つのバンド「indigo la End」は2年前に解散危機があったそうです。

MVの4人の掛け合いでは

「あの頃のお前はよく泣いていた」

「またみんなに会いたいと思っていた」

とありますが、もしかするとゲスの極み乙女。も同じようにメンバーがバラバラになりそうな時期があって、その頃に発していた言葉なのかもしれませんね。

そう考えながらMV中の4人の言葉を聴いていると、涙が出そうになります。

 

次はMVとは切り離して歌詞考察に移ります。

歌詞

祝祭はコンビニエンス
恋人はデルタクルーズ
怠ける僕らは何かを忘れた
甘噛み合いのサイクルは

いがみ合いを減らした
足りないものが増えてって
足りないが心地よくなった
ああ最低だこんなんじゃ

だから今補って余るほど
気持ち取り出してみてもいいかな

もっとあともうちょっと
君を好きになったら
もう切ないとは言わせない
溢れるたび言葉濁さない

きっと僕らきっと
わかってると思うから
もう切ないとは言わせない
そのうち一緒になろうよ

あの日あの恋をしたからさ
好きなんだと枯らした
あの日あの恋をしたんだよ

もっとあともうちょっと
君を好きになったら
もう切ないとは言わせない
溢れるたび言葉濁さない

きっと僕らきっと
わかってると思うから
もう切ないとは言わせない
そのうち一緒になろうよ

utaten.com

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈は?

1番

祝祭はコンビニエンス
恋人はデルタクルーズ
怠ける僕らは何かを忘れた
甘噛み合いのサイクルは
いがみ合いを減らした
足りないものが増えてって
足りないが心地よくなった
ああ最低だこんなんじゃ

utaten.com

デルタクルーズという言葉は、ベトナムのメコン川の川下りに使われる言葉です。

もしくは、デルタ(三角)クルーズ(ゆっくりと歩き回る)を合わせたもので、色んなところを歩き回っているさまを意味しているのでしょうか。

解釈的に辻褄が合うのは後者なので、そう仮定して考察を続けていきます。

怠けるとは
労力を惜しんで、物事を真面目にしないこと。

何かの祝祭もコンビニエンスストアで簡単に済まし、恋愛の相手も行き場がなくフラフラしてしまうくらい、何事にも真剣に取り組まなかったのでしょう。

そうしているうちに、その生活に慣れてしまい、主人公は大切な「ナニカ」を忘れてしまったようです。

足りないとは、
頭の働きがわるい。愚かであること。

どんどん、悪くなる状況に主人公は焦りを感じ始めています。

だから今補って余るほど
気持ち取り出してもいいかな

utaten.com

補って余るとは
元のものの不足を満たし、
さらに余裕がもたらされるさまのこと。

今まで、たくさんの事を疎かにしてきた主人公は、その分も込めて気持ちを「誰か」に伝えたいようです。

サビ1

もっとあともうちょっと
君を好きになったら
もう切ないとは言わせない
溢れるたび言葉濁さない
きっと僕らきっと
わかってると思うから
もう切ないとは言わせない
そのうち一緒になろうよ

utaten.com

気持ちを伝えたい「誰か」
また「大切なナニカ」は
好きな人でとそれに対する気持ち
あったことがわかります。

今まで何事にも真剣に取り組まなかった主人公は、彼女のことも疎かにしていたのでしょう。

しかし
自分の中の大切なものに気付いた主人公は

「もう悲しい思いはさせない」

「好きな感情はしっかり伝える」

といった真っすぐな気持ちを誓います。

そのうち一緒になろうよから、
誓いは立てたものの
今は一緒になることが叶わない状況
であることが分かります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました