スポンサーリンク

【おいしくるメロンパン/水葬】歌詞の意味を徹底解釈!歌詞のストーリーが感慨深すぎる!

ミニアルバム「hameln」の収録曲。

【おいしくるメロンパン】

「水葬」について

MVと歌詞の意味を徹底的に

考察、解説していきたいと思います。

感慨深いストーリーとなっています。

是非、最後までご覧ください!

スポンサーリンク


楽曲名「水葬」とは

「水葬」とは

遺体を川や海などに投じてほうむること。

葬儀方法の一種で、
遺体を海や川に沈めるやり方。

という意味になっています。

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

MVの意味・解釈

MVの監督は柿原ぶんけい(TOUMEIMODE)
が務めており、

ビビッドな色味が印象的な
映像作品に仕上がっています。

ボーカルのナカシマは、当楽曲について

「水葬」はずっと作りたいなと思っていた景色があって。僕のアパートから小学校のプールが見えるんですけど、夜のプールってなんかいいなって思ってたんです。それでギターのアルペジオを思いついたときに「プールの曲にしよう」と思って。新しい扉を開けられたなっていう感じがしている曲です。

とコメントしています。

『夜の学校のプール』がテーマなのです。

それを踏まえた上で

歌詞のストーリーを
細かく見ていきましょう。

歌詞

「生まれ変われるなら鯨がいいな」
いつも窓をみつめる君の言葉
二重瞼が鈍く閉じた朝に知ったよ
世界はどこまでも薄情なんだね

沈黙する大気の底 君を攫って歩く
プールサイド 月夜の水槽

宇宙を口に含んだら
魔法のかかる季節だね
もう一つ目の栓は抜いたよ
終わらない夏に ただ渦を巻いた

まるで古びた映画みたいな景色だ
僅かでも確かに水位は下がっていく
君が壊れ始めるまでの日々も
音を立てながら流れてしまうみたいで

丑三つ時 夜の帳 君は笑ってくれる
プールサイド 秘密の追悼

重い重い闇を背負って
細い弧を描いた
あの月がさ 鯨の目の玉みたい
カルキの匂い 目眩 寒い 胸が痛い
今、空が落ちてきた。

ねぇ飛沫をあげてみせて
魔法の解ける時間だよ
もうこれで全部栓は抜いたよ
僕だけを残し 空になった水槽
金色の朝の中 「 」

utaten.com

スポンサーリンク


歌詞の意味・解釈

1番

「生まれ変われるなら鯨がいいな」
いつも窓をみつめる君の言葉
二重瞼が鈍く閉じた朝に知ったよ
世界はどこまでも薄情なんだね

utaten.com

窓を見る君ではなく

窓を見つめる君

その表現は、君の憂鬱が描写されています。

二重瞼が鈍く閉じた

というのは、「水葬」という
タイトルからも連想できるように

君が亡くなっていることを
表しているのでしょう。

「生まれ変われるなら鯨がいいな」

という言葉は

死の直前に君が言っていたのです。

沈黙する大気の底 君を攫って歩く
プールサイド 月夜の水槽

utaten.com

君を攫うプールサイド

というのは

君がプールに沈んでいった様子
を表しています。

君を連れ去った憎いプールサイド。

しかし、その水面に映る

月夜は、皮肉にも美しいのです。

サビ1

宇宙を口に含んだら
魔法のかかる季節だね
もう一つ目の栓は抜いたよ
終わらない夏に ただ渦を巻いた

utaten.com

宇宙というのは

夜のプールに反射する、
夜空を比喩しています。

栓を抜いて、
プールの水が入り込んでいく様子を

宇宙を口に含む

と言っているのかも知れません。

また、栓を抜くことで、
反射した夜空が渦を巻いていく。

その様子を見た主人公は、
静止した時間が動き出すように
感じたのでしょう。

終わらない夏

が動き出したのです。

2番

まるで古びた映画みたいな景色だ
僅かでも確かに水位は下がっていく
君が壊れ始めるまでの日々も
音を立てながら流れてしまうみたいで

utaten.com

栓を抜いたために、
確実に水位は下がっていきます。

君を攫ったプールサイド

もはや、君同様。

水が流れていく、

無くなっていく様子を見て

君がいなくなっていくことを実感しています。

丑三つ時 夜の帳 君は笑ってくれる
プールサイド 秘密の追悼

utaten.com

丑三つ時とは
今の午前2時から2時半ごろ

夜の帳とは
夜の闇を、帳にたとえていう語。

深夜の闇という情景の比喩表現として

上記のワードが使われています。

 

追悼とは
死者の生前をしのんで、悲しみにひたること。

君のことで、感傷に浸っている時間は
誰にも知られたくない
秘密の時間なのです。

誰にも邪魔されたくない時間

といった方が正しいのかも知れません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました