【Vaundy/東京フラッシュ】歌詞の意味を徹底解釈!届かない性愛に葛藤する男の物語に迫る。

都会の街で揺れる男の心情とは?

【Vaundy(バウンディ)】

「東京フラッシュ」について

歌詞の意味を徹底的に

考察および解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


楽曲の基本情報

今回紹介していく「東京フラッシュ」は、2019年9月27日にVaundyがYouTube上に公開した楽曲。マカロニえんぴつの「はっとり」さんをはじめ多くのリスナーが絶賛した本楽曲は、公開から一か月半後に100万回再生を記録する人気ナンバーとなる。

 

MVでは夜の街道をすり抜けていくVaundyが描かれており、楽曲のアンニュイさや浮遊感を強調している、映像制作を手掛けたのはMIZUNO CABBAGE、同じく助手のKou Nakamura。

 

サルー
サルー

はじめて本楽曲を視聴したときの「見つけた感」が凄かった。自分の嗅覚を自慢するように周囲の友達に紹介しまくりました(笑)

楽曲名「東京フラッシュ」とは

「フラッシュ」とは

瞬間的に光る人工の光。

という意味を持つ。

日常に置き換えて言うと、特に暗い所などでの写真撮影に用いることが多いのではないでしょうか。

 

この「瞬間的に」という部分と、作りものを意味する「人工の」という部分が楽曲の中で関連性の高い部分であると筆者は考えています。

 

「東京フラッシュ」

歌詞考察を通して、楽曲タイトル名に込められた意味にも迫っていきましょう。

 

本題の歌詞考察に移ります。

歌詞

相槌が上手くなったんだ
できてる できてる
あぁ 君もうまいね
合図なしで攻撃してきたんだ
悪くない 悪くない
あぁ もういいのかい?

Stay まだここにいてね 君の
Fake の笑顔を見せてよ見せてよね
Stage 4の癌にかかってるみたいかい
Age 越しの性愛じゃないの

東京フラッシュ 君の目が覚めたら
何処へ行こう 何処へ行こう かわらないよ
東京フラッシュ 君と手を繋いだら
何処へ行こう 何処へ行こう かわらないよ
東京フラッシュ

断崖絶壁で愛してた
できてる できてる
あぁ 今日も深いね
断片的で単純ストーリーだ
悪くない 悪くない
あぁ もういいよ

Stay まだここにいてね 君の
Fake の笑顔を見せてよ見せてよね
Stage 4の癌にかかってるみたいかい
Age 越しの性愛じゃないの

東京フラッシュ 君の目が覚めたら
何処へ行こう 何処へ行こう かわらないよ
東京フラッシュ 君と手を繋いだら
何処へ行こう 何処へ行こう かわらないよ
東京フラッシュ

もう止めにしようか
なんて思うんだ でも
君の笑顔や仕草がまた
ほら、癖になってんだ

東京フラッシュ 君の目が覚めたら
何処へ行こう 何処へ行こう かわらないよ
東京フラッシュ 君と手を繋いだら
何処へ行こう 何処へ行こう かわらないよ
東京フラッシュ

作詞作曲:Vaundy
※現在本歌詞の公式verは存在しないため、正式に公開され次第更新致します。

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈

1番

相槌が上手くなったんだ
できてる できてる
あぁ 君もうまいね
合図なしで攻撃してきたんだ
悪くない 悪くない
あぁ もういいのかい?

まず前提として、本楽曲は男女の恋愛を描いていると仮定したうえで解釈を行っています。

ただ歌詞の全容を捉えたうえでお話しすると、通常の恋愛と捉えるには少し異質的で手の届かない関係性にある女性を歌っていることが分かってきます。

 

ちなみに手の届かない関係性というのは

相手は魅力的な小悪魔

であることが根本にあるのですが、もう少し具体的に言うと

キャバ嬢やホステスなどの商売女と客

のような関係であると考えています。

そうすると歌詞の情景に辻褄が合ってくるのです。

 

この前提をもとに歌詞を読み取っていくと「相槌がうまい」のにも納得ができますし、合図なしで攻撃してきたというのはいきなり態度が急変したということ。つまり接客の時間が終わったということ。だから「あぁ もういいのかい?」と憂いを含んだ問いをこぼしている。

Stay まだここにいてね 君の
Fake の笑顔を見せてよ見せてよね
Stage 4の癌にかかってるみたいかい
Age 越しの性愛じゃないの

ここは実際に接客を受けている様子。

サービス時間が終わると離れていくのは分かっているけど、まだ時間は残されているから「まだここにいてね」と呟き、相手の笑顔は営業スマイルでしかないからFakeの笑顔(偽物の笑顔)と言っている。

 

またStage 4の癌とあるが

「最も進行している」「治らない状態だ」

といった進行状態のことを意味する。なぜなら癌のステージは0期からIV期まで5段階あり、 ステージIVがもっとも進行している(悪化した)状態だからです。(実際にはステージ4の中でも大きな幅があります)

つまりこの表現はどうしようもない関係に恋心を燃やしている自分を、皮肉めいた表現で表していることが分かります。

 

しかし恋というのはどんなに熱したとしても、多くの場合が時間が経てば冷めていきます。一方通行の関係性にあるのであれば尚更そうでしょう。

 

だから、Age 越しの性愛とある。

Ageとは、人生の一時期を意味する。

サビ1

東京フラッシュ 君の目が覚めたら
何処へ行こう 何処へ行こう かわらないよ
東京フラッシュ 君と手を繋いだら
何処へ行こう 何処へ行こう かわらないよ
東京フラッシュ

楽曲タイトル考察の欄でも述べたように

断片的ではありますがフラッシュには、「瞬間的」「人工の」という意味があります。

 

「瞬間的」はBメロで綴られていた

Age越しの性愛

「人工の」は主人公と君の関係性である

Fake(偽)の笑顔

とそれぞれ関連性があります。

つまりサビで繰り返される「東京フラッシュ」は、主人公を取り巻く情景をそのまま写しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2番

断崖絶壁で愛してた
できてる できてる
あぁ 今日も深いね
断片的で単純ストーリーだ
悪くない 悪くない
あぁ もういいよ

2番でも同じように主人公と君の関係性を写す歌詞が描かれている。

 

断崖絶壁とは窮地に追い込まれることを意味する言葉ですが、君との関連性を考慮すると非常に険しい道(恋愛)であるため、断崖絶壁の愛というのはまさに関係性を表現しているのです。

 

また断片的ともありますが、君との関係を持てるのはサービス時間内のみであるため「断片的なストーリー」なのでしょう。サービス時間以外はカットされている(かかわりがない)のです。

3番

もう止めにしようか
なんて思うんだ でも
君の笑顔や仕草がまた
ほら、癖になってんだ

主人公は自らの断崖絶壁の愛が、自らの心を荒んでいく要因になっているのだと分かっているのです。だから「もう止めにしようか」と自分に言い聞かせている。

 

しかしいくらFakeの笑顔だと分かっていても、君に依存してしまっている。理性ではどうしようもないくらい恋焦がれてしまっているのです。だから再び手を伸ばしてしまう。

ラストサビ

東京フラッシュ 君の目が覚めたら
何処へ行こう 何処へ行こう かわらないよ
東京フラッシュ 君と手を繋いだら
何処へ行こう 何処へ行こう かわらないよ
東京フラッシュ

だから東京という街で届かない君を想いながら

どこへ行こう どこへ行こう

と前向きな思案を繰り返している。

 

お洒落なテンポで刻まれる「東京フラッシュ」は、都会の街で届かない性愛に葛藤する皮肉的でどうしようもない男の物語だったのだ。

感想

主人公と君の関係性。

これをどう捉えるかで情景の見え方は大きく変わってくると思いますが、届かない性愛との葛藤というのは大きな題材としてあるのだと個人的に確信しています。

 

今回は歌詞に着目して記事を執筆させて頂きましたが、本楽曲は本当に中毒性が高いですね。既にYouTubeの再生回数がそれを物語っていますが。

 

これほど多くのリスナーを魅了した「東京フラッシュ」ですが、Vaundy自身は「東京フラッシュに委ねるつもりはない!」と話していました。

 

彼が今後生み出していくであろうジャンルに囚われない音楽に期待大です。更なる活躍が楽しみでなりません。

 

【Vaundy/東京フラッシュ】

歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました