スポンサーリンク

【美波/ホロネス】歌詞の意味を徹底解釈!MVに込められた共感性の強いメッセージとは?

美波 ホロネス

人気急上昇中のシンガーソングライター

【美波(みなみ)】

「ホロネス」について

MVと歌詞の意味を徹底的に

解説していきたいと思います。

メッセージ性の強い歌詞になっています。

是非、最後までご覧ください!

スポンサーリンク


楽曲名「ホロネス」とは

「ホロネス」とは

日本語で「虚ろ(うつろ)」

また、「虚ろ」とは

心が虚脱状態であること。

表情などに生気のないさま。

という意味になっています。

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

MVの意味・解釈

歌詞とリンクされたイラストMVになっています。

主に登場するのは

主人公の女性

鏡の中の主人公

です。

現実社会に苦しむ主人公

現実社会を生き抜くために作られた
偽物(鏡の中)の自分

といったところでしょう。

歌詞を細かく解釈していきます。

歌詞

君は言う「もう楽になれるよ」と
今思えば それが甘い罠に なっていたんだ
今日も人の理想で
私は具現化されていく
虚構 虚言 虚像 虚心で
作り上げた自分で

正直者は 狼少年
嘘つきは そろそろ被害者面で
嘘泣き始める時間だ
否(ああ)こんな3次元なんて
逃げたくなるに 決まってんだろ

To virtualize a lie
非科学的現状と架空的言論
何でもよかったよ 愛をくれよ
愛してくれよ 言葉は
もう私を癒せやしない
もうちょっと側にいてよ
足りない生きてきた証は
傷 傷 代わりになって
お願い 鏡の中の Doppelgänger

ずっとなんてほど
儚いものはなかった 全部
そう、フィクションでいい
そりゃあ 瞳も閉じたくも なるだろう?
LaLaLa・・・・・・

傾いてしまった 天秤の横で私に笑った
もう君の場所はないと 帰りたくても
もう帰れなくなって
言葉1つの重さも 知らなかったんだ
私の犠牲になってくれよ
理想鏡は どこへ消えた

変わり果てた姿で
私に偽りの笑みを浮かべていた
また嘘を吸い込んで
君は新しい偽を作って吐くのでしょう?
器にすぎない あいつにはなれない
全て作り上げた 理想鏡

壊したかったが 壊せなかった
私の理想鏡は ここしかなくて
意味もなく手を差し伸べてしまった
鏡の奥へ
To virtualize a lie
非現実的現状 ありもしない鏡像
消えていく境界線を
返してくれよと帰してくれよと
もう一度 やり直させて欲しくて
本物はここにいるんだ
「それは違う、違うんだ」
幻影の私を愛さないで 忘れないで
お願い 想いを馳せて 誓うよ
“I won’t lie to you again. You have my word.”

lyrical-nonsense

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈

1番

君は言う「もう楽になれるよ」と
今思えば それが甘い罠に なっていたんだ
今日も人の理想で
私は具現化されていく
虚構 虚言 虚像 虚心で
作り上げた自分で

lyrical-nonsense

上でも述べましたが

前提としてこの歌には

自分鏡の中の自分が登場します。

鏡の中の自分は

虚構 虚言 虚像 虚心

によって作り上げられた偽りの自分です。

「もう楽になれるよ」

主人公に囁いたのも

おそらく「鏡の中の自分」です。

偽物の自分を作り上げることで

社会に溶け込むことができるため

楽になれると言ったのでしょう。

正直者は 狼少年
嘘つきは そろそろ被害者面で
嘘泣き始める時間だ
否(ああ)こんな3次元なんて
逃げたくなるに 決まってんだろ

lyrical-nonsense

狼少年とは
同じうそを繰り返す人を指します。

嘘で溢れている3次元(現実社会)に

嫌気がさしているのです。

サビ1

To virtualize a lie
非科学的現状と架空的言論
何でもよかったよ 愛をくれよ
愛してくれよ 言葉は
もう私を癒せやしない
もうちょっと側にいてよ
足りない生きてきた証は
傷 傷 代わりになって
お願い 鏡の中の Doppelgänger

lyrical-nonsense

To virtualize a lieとは

嘘を仮想化するということ。

非科学的現状と架空的言論

どちらも起こりえないことを指します。

主人公の現実社会から抜け出したい

という気持ちが強く表れているのでしょう。

 

嘘で溢れている社会の言葉
なんて聞きたくないのです。

言葉ではなく愛情(気持ち)が欲しいのです。

これ以上、心に傷を負いたくない主人公は

自分で作り上げた

鏡の中の Doppelgänger

代わりになって。と懇願しているのです。

2番

ずっとなんてほど
儚いものはなかった 全部
そう、フィクションでいい
そりゃあ 瞳も閉じたくも なるだろう?
LaLaLa・・・・・・

lyrical-nonsense

ずっととは、永遠ということ。

儚いとは
消えてなくなりやすいということ。

この言葉の意味を踏まえると

ずっとなんてほど
儚いものはなかった

という部分が
一見相反しているように見えますが

現実、永遠に続くものなんて存在しないのです。

だからこそ、ずっとという

あり得もしない言葉儚いのです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました