TwitterはこちらApple Musicのレビュー

【DECO*27/アンドロイドガール】歌詞とMVの意味を徹底解釈!「二息歩行」との繋がりに注目!

【DECO*27(デコニーナ)】

「アンドロイドガール」について

MVと歌詞の意味を徹底的に

考察および解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


楽曲名「アンドロイドガール」とは

「アンドロイドガール」とは

直訳すると

女の子の形をいした人型ロボット。

という意味になっています。

本楽曲においての「アンドロイドガール」もひねくれた解釈をする必要はなく、ロボットの少女を示すものだと思われます。

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

前作『二息歩行』との繋がり

既に勘付いている方も多いとは思われますが、今作「アンドロイドガール」は「二息歩行」との繋がりが強いのです。繋がりというよりは、続編といったほうが正しいのかも知れません。

はじめてしったよ。

という方に踏まえてほしいのは以下の点。

  • 白髪の少女=アンドロイドガール
  • 二息歩行の男の子=アンドロイドガールの青年
  • 黒い本を通して、男の子に言語を教える
  • 男の子は意図せず、言葉で彼女を傷つける
  • 言葉で傷つけることがないように、彼女はキスで男の子の口を塞いでいた
  • 彼女は男の子に好意を寄せている

ここを押さえておくことで、これから解説していく「アンドロイドガール」のストーリーが腑に落ちていくのです。

MVの意味・解釈

本作のMV(特に2番以降の回想シーン)から、前作「二息歩行」の続編であることが分かります。

物語はかなり衝撃的で

「君だけは許さない」

と叫びながら、アンドロイドガールが青年の胸にナイフを突き刺すことで幕を下ろされる。

どのような情景からなされる物語なのでしょうか。

歌詞を読み解いていくことで、
物語の真相に迫っていきたいと思います。

では、本題の歌詞を眺めていきましょう。

歌詞

もういっそ“一緒ランド”作りましょ
君とマッチアップ 乗っかって
「構ってもっと 足りないの」
歌え 想い出染みた嫉妬のStyle

代わる代わる傷付けては
「もうしない」って嘘で仲直りごっこだ
勘違いの騙し合い
目を見ればすぐに分かるってバカみたい

“妄想”に好きって言うほど
この愛は腐ってるんだよ
早く気付いてくれよ

アンドロイドガール
をかしくなっちゃった
僕だけのものになった君は“誰”なの?
ずっとずっと信じてきたのにな
アンドロイドガール
想いはなんだっけ
君とのキスが痛くて息を閉じたの
ずっとずっと
何度愛を再起動したって
ちょっとだって変われなどしないよ

「あぁ可愛いね どうしてくれよう」
もう疲れた
ドキドキさせるお世辞のResize

鬱雑い鬱雑いの併合罪
どう期待していいのか分からなくなったよ
エンドロールはまだですか
どこにいても一緒だなんてまじで痛い

“感傷”に浸っていいかな
あの頃を願っていいかな
アリかナシか教えてよ

アンドロイドガール
をかしくなっちゃった
君だけのものになった”僕“が好きなの?
ずっとずっと騙してきたんだね
アンドロイドガール
想いはなんだっけ
錆び憑いた腕で何度僕を求めた?
ずっとずっと
何度愛を再起動したって
ちょっとだって変われなどしないよ

アンドロイドガール
をかしくなっちゃった
僕だけのものになった君は“誰”なの?
ずっとずっと信じてきたのにな
アンドロイドガール
想いはなんだっけ
君とのキスが痛くて息を閉じたの
ずっとずっと

我儘が離れない 君だけは許さない

アンドロイドガール
をかしくなっちゃった
君だけのものになった”僕“が好きなの?
ずっとずっと騙してきたんだね
アンドロイドガール
想いはなんだっけ
錆び憑いた腕で何度僕を求めた?
ずっとずっと

何度愛を再起動したって
ちょっとだって変われなどしない
何度愛を再起動したって
ちょっとだって変われなどしないよ

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈

1番

もういっそ“一緒ランド”作りましょ
君とマッチアップ 乗っかって
「構ってもっと 足りないの」
歌え 想い出染みた嫉妬のStyle

歌え 想い出染みた嫉妬のStyle

この一節が物語全体を映します。

つまり、本楽曲「アンドロイドガール」の背景にあるのは「嫉妬」という罪深き感情。

 

一緒ランドというのは、

君と一緒にいたい

というアンドロイドガールの気持ちを表す。

 

「構ってもっと足りないの」

という言葉やMVから分かるように、男性は彼女を遠ざけており、彼女はそれに対し不満を感じていることが分かります。

代わる代わる傷付けては
「もうしない」って嘘で仲直りごっこだ
勘違いの騙し合い
目を見ればすぐに分かるってバカみたい

“妄想”に好きって言うほど
この愛は腐ってるんだよ
早く気付いてくれよ

青年と彼女は傷つけあっている。

これは、「二息歩行」の時代から同じで、青年は彼女にナイフのような言葉を突き刺し、彼女は自分では制御できない力で青年を抑えつけてしまうのです。

そのたびに「もうしない」と仲直りするが
お互いにやめられないから「嘘」になる。

 

これを繰り返すの原因は

彼女=アンドロイド

だから。

 

それを裏付けるのは

目を見ればすぐにわかる

という一節で

アンドロイドは目が赤いから、目を見れば人間とロボットの相容れない距離感を感じてしまい、傷つけると分かっていながらも、彼女のそれを青年は指摘してしまう。

反対に彼女は、目を起動させてしまうことで、自分を抑えきれなくなってしまい。彼を力で抑えようとしてしまう。

だから、お互いに傷つける。

 

人間とロボット

この距離感は不可逆的なものであるから

この愛は腐ってる

と綴られているのでしょう。

サビ1

アンドロイドガール
をかしくなっちゃった
僕だけのものになった君は“誰”なの?
ずっとずっと信じてきたのにな
アンドロイドガール
想いはなんだっけ
君とのキスが痛くて息を閉じたの
ずっとずっと
何度愛を再起動したって
ちょっとだって変われなどしないよ

を(お)かしくなちゃった

のは、アンドロイドガール自身がという訳ではなく、彼女と青年の関係性のことを意味するのだと思われます。

男の子は歳月を重ね、大人になっていくうちに、彼女がアンドロイドであることに違和感を感じてきたのでしょう。

そのもどかしさが

「君は“誰”なの?」

「ずっと信じてきたのにな」

という言葉で表現されている。

 

キスが痛い

とありますが、本来のキスの目的をおさらいすると、傷つける言葉を言わないため。でした。

これを痛く感じるのは、

  • ナイフのような言葉が出かかっていること
  • 愛が薄れていっていること

という青年の心情の変化があるからでしょう。

 

物語も折り返し地点に到達しました。

2番に続きます。

2番

「あぁ可愛いね どうしてくれよう」
もう疲れた
ドキドキさせるお世辞のResize

鬱雑い鬱雑いの併合罪
どう期待していいのか分からなくなったよ
エンドロールはまだですか
どこにいても一緒だなんてまじで痛い

ここで綴られるは、青年の本音。

昔から言い続けた

「可愛いね」

という誉め言葉は、
愛が薄れていくことでお世辞に変化する。

エンドロールはまだですか
どこにいても一緒だなんてまじで痛い

という一節ではっきりと読み取れますが

青年はアンドロイドである彼女を

圧倒的に拒否しています。

“感傷”に浸っていいかな
あの頃を願っていいかな
アリかナシか教えてよ

ここは、彼女目線。

自分を遠ざける彼に対して

アリかナシか教えてよ

と問いています。

歌詞に綴られることはないですが

彼の答えは「ナシ」です。

サビ2

アンドロイドガール
をかしくなっちゃった
君だけのものになった”僕“が好きなの?
ずっとずっと騙してきたんだね
アンドロイドガール
想いはなんだっけ
錆び憑いた腕で何度僕を求めた?
ずっとずっと
何度愛を再起動したって
ちょっとだって変われなどしないよ

錆び憑いた腕という表現が

  • 彼女がアンドロイドであること
  • 愛が脆くなってしまっていること

を風刺する。

何度愛を再起動したって
ちょっとだって変われなどしないよ

という歌詞からは

愛が再び実ることはない。

という切ない現実と

再び実らせよう(再起動)と努力をした

青年の葛藤が垣間見えます。

3番

アンドロイドガール
をかしくなっちゃった
僕だけのものになった君は“誰”なの?
ずっとずっと信じてきたのにな
アンドロイドガール
想いはなんだっけ
君とのキスが痛くて息を閉じたの
ずっとずっと

我儘が離れない 君だけは許さない

サビ1とほとんど同じですが

最後の一節が

我儘が離れない 君だけは許さない

に変わっています。

これはアンドロイドガールの心。

 

彼が自分から離れていくことが許せない

のです。

しかし、これは身勝手な嫉妬心が起因していると自分でもわかっているから、我儘が離れないと葛藤している。

ラストサビ

アンドロイドガール
をかしくなっちゃった
君だけのものになった”僕“が好きなの?
ずっとずっと騙してきたんだね
アンドロイドガール
想いはなんだっけ
錆び憑いた腕で何度僕を求めた?
ずっとずっと

何度愛を再起動したって
ちょっとだって変われなどしない
何度愛を再起動したって
ちょっとだって変われなどしないよ

歌詞の内容は前サビと同じです。

MVでは、上のように子供の頃(二息歩行時代)の青年と彼女が映され、現実の方ではナイフで刺されている描写が映されます。

嫉妬心を抑えきれなくなった、アンドロイドガールは自分から遠ざかる彼を食い止めるようにナイフを刺したのでしょう。

青年も心の底では、純粋無垢に愛し合っていた時期に戻りたいと思っていたから、昔の回想シーンとともに安らかな表情をして、眠りにつくのです。

感想

青年とアンドロイドガール。

どちらの立場に自分をすり替えても
共感性の高い内容だったなと思います。

愛すべき人が実はアンドロイドだったら?

自分が実はアンドロイドで愛すべき人に遠ざけられたら?

どちらの立場も切ないですね。

【DECO*27/アンドロイドガール】

MVと歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました