TwitterはこちらApple Musicのレビュー

【Ado/踊】歌詞の意味を徹底解釈!圧倒的なボカロメンツが生み出した大作。

【Ado(アド)】「踊(読み方:おど)」について、歌詞の意味を徹底的に考察および解説していきたいと思います。

 

読みどころ

✔ 「踊」の意味
✔ 赤血球や舌鋒絶頂といった難しい単語が意図するもの

 

サルー
サルー

ミュージッククラブを彷彿させるパリピ楽曲。メロディや歌が良いのはもちろんですが、本記事ではDECO*27さんが綴った歌詞を深堀していきたいと思います。

スポンサーリンク


圧倒的なボカロメンツが生み出した大作

→Apple Musicでフル視聴する 

 

今回紹介していく「踊」は、音楽をGiga、TeddyLoid、作詞をDECO*27が担当して生み出されたAdoの4thナンバー。

 

Adoの歌唱力は言うまでもなく、作詞作曲の面々も化け物的なメンツですね。ボカロファンはたまらないに違いない、、、

そしてYouTube上に公開されたMVを見てAdo自身も「これ今までで一番ヤバい…」とコメントを残しています。

 

サルー
サルー

この超やばい楽曲の歌詞には何が訴えられているのか、、、本題の歌詞考察に移っていきます。

スポンサーリンク

歌詞

半端なら K.O. ふわふわしたいならどうぞ
開演準備しちゃおうか 泣いても笑っても愛してね
ほら Say No 低音響かせろ

なんだかな…ってつまんないこともあるでしょう
ロンリー論理のノート ハンディー本気脱走
やんなっちゃって泥に Bad
ご法度だろうが溺れて堕ちて そろそろいっか

もっと頑張って アガるまでもっと頑張って
繋がろうひとりよりふたり 増えたら安心 心配ないや

Alright 任せて Don’t Mind
波あり難題 みんなで乗っかっちゃえば
案外さくっと行っちゃいそう

半端なら K.O. ふわふわしたいならどうぞ
開演準備しちゃおうか 泣いても笑っても愛してね
ほら Say No 低音響かせろ

今宵は暗転パーティー
Woah 踊りだせ 踊りだせ 孤独は殺菌 満員御礼
Woah 痛みまで おシェアで ここらでバイバイ Let go

どんな劣等感だとて 即興の血小板で
抑え込んで 突っ込んで 仕舞っちゃうでしょ

Up and down なテンション
ねえまいっちゃってんの相当
ドバっと噴き出すのは 本音の独り言

「別に興味ない」
「特に関係ない」
塞ぎ込んで 舌鋒絶頂へ
合図を奏でて PrrPrrPrr
ほら集まって夜行だ 鳴いていこう

半端なら K.O.

Woah 踊りだせ 踊りだせ 孤独は殺菌 満員御礼
Woah 痛みまで おシェアで 今宵も暗転パーティーだ
Woah またのお越しを きっと
Woah 次回までお元気で ここらでバイバイ Let go

作詞:DECO*27

歌詞の意味・解釈

頭サビ

半端なら K.O. ふわふわしたいならどうぞ
開演準備しちゃおうか 泣いても笑っても愛してね
ほら Say No 低音響かせろ

先に歌詞の大枠をお話しすると

「暗い毎日が面白くない。キャラじゃないけど、どこかで非日常を楽しみたい」そんな心情を抱えた主人公がミュージッククラブ的なところでハイになる。

といった情景が歌われているのかなと思いました。

 

不慣れにも関わらずミュージッククラブに行ったことがある人は、共感できる歌詞なのかなと。(過去の僕がそうでした)

 

まず歌い出しの頭サビですが、こちらはABメロの後のサビ1でも同じ内容が綴られていくので、ここでは一旦歌詞解説を割愛して1番の歌詞解説に移っていきますね。

 

1番

なんだかな…ってつまんないこともあるでしょう
ロンリー論理のノート ハンディー本気脱走
やんなっちゃって泥に Bad
ご法度だろうが溺れて堕ちて そろそろいっか

1番Aメロには主人公のキャラクター像が読み取れる要素が組み込まれています。

 

注目したいのはロンリーという言葉で、ロンリー(lonely)とは「孤独な、ひとりぼっち」といった意味を持っています。

そしてロンリーと韻を踏まれて綴られる論理は、思考や論証の組み立てのことで、本能的にミュージッククラブで踊るような人達とは対極にある言葉と言っても過言ではありません。

 

つまり「普段は理性的でパリピになれるような人間じゃないけれど、今日はぶっ飛びたい(ご法度だろうが溺れて堕ちて そろそろいっか)」といった感じかなと思います。

 

サルー
サルー

普段大人しい人が爆発しようとする姿は前曲の「うっせぇわ」や「レディメイド」とも重なりますね。作詞者は違えどAdo楽曲には一貫性があるのです。

 

もっと頑張って アガるまでもっと頑張って
繋がろうひとりよりふたり 増えたら安心 心配ないや

Alright 任せて Don’t Mind
波あり難題 みんなで乗っかっちゃえば
案外さくっと行っちゃいそう

Bメロでは場面が「踊れる場所」に切り替わります。まさにミュージッククラブ的なところかなと。

 

そして歌詞に綴られるのは、何とかして気持ちをノリノリにアゲようとする姿。

性質的にガンガン騒ぐような場所が得意な方には分からないかも知れませんが、環境が整っていても非日常に溶け込んで気持ちをアゲるのって簡単なことではないんですよね。

 

ある程度の羞恥心だったり理性的な側面だったりを捨て去らないといけないわけです。

だけど逆に言えばそれさえ出来れば、いつもと違うアゲアゲな自分の完成です。環境に溶け込んで快楽を味わい尽くすことができます。

 

だからその快楽に辿り着くために「もっと頑張って、アガるまでもっと頑張って」と気持ちを高め、みんなで乗っかかって非日常に辿り着こうとしている訳です。

 

サルー
サルー

私もはじめてミュージッククラブに行ったときは仲間たちと無理やり気持ちをハイにしたものです…笑

サビ1

半端なら K.O. ふわふわしたいならどうぞ
開演準備しちゃおうか 泣いても笑っても愛してね
ほら Say No 低音響かせろ

今宵は暗転パーティー
Woah 踊りだせ 踊りだせ 孤独は殺菌 満員御礼
Woah 痛みまで おシェアで ここらでバイバイ Let go

続くサビ1の歌詞もBメロの通じるものがあります。

半端なら K.O.

つまりハイになれない中途半端な状態なら、楽しい場所にいても苦しい(KOされる)だけなので、アガるまでもっと頑張る必要がある訳です。

 

ここの歌詞の面白いところは、基本的にノリに身を任せた「踊れ踊れ!」といった内容で埋め尽くされているのに、密かに「泣いても笑っても愛してね」といった保険をかけているところ。

いつもと違う自分に変化する不安が垣間見える、絶妙な1フレーズだなと。

 

2番

どんな劣等感だとて 即興の血小板で
抑え込んで 突っ込んで 仕舞っちゃうでしょ

2番では「血小板」といういかにもDECO*27らしい意味深フレーズが仕掛けられています。

 

そもそも血小板は人体の傷口に蓋をする役割がある血液中の細胞成分ですが、本歌詞中でもまさに劣等感という傷口を塞ぐ役割を担っています。

多少の傷口なんて絆創膏を貼っておけば大丈夫的な精神です。

 

劣等感なんて今は置いといて、非日常に突っ込もうと言っている訳ですね。

 

サルー
サルー

続く歌詞では「ぜっぽうぜっちょう」といった難しい単語が出てきます。歌詞終盤も一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    考察めっちゃいいですね・・・。色んな方の考察みるの楽しすぎて最早趣味です。

  2. Adoのodoが好きなidoに住んでるedo時代のudo より:

    踊っていいですよね!
    解説ありがとうございます♪
    これからも

    もっと頑張って
    アガるまでもっと頑張って♪

タイトルとURLをコピーしました