スポンサーリンク

【ずっと真夜中でいいのに。/正義】歌詞の意味を徹底解釈!MVのストーリー内容は?

【ずっと真夜中でいいのに。(ずとまよ)】

「正義」について

MVと歌詞の意味を徹底的に

考察および解説していきたいと思います。

衝撃的なストーリー内容に注目です。

また、本楽曲は第2弾ミニアルバム『今は今で誓いは笑みで』の収録曲となっています。

スポンサーリンク


楽曲名「正義」とは

「正義」とは

人の道にかなっていて正しいこと。

という意味になっています。

とはいえ、正義の定義は人によって様々で必ずしも正義が善良であるわけではありません。

本楽曲の「正義」が示す意味とは…?

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

MVの意味・解釈

MVの構成・ヒント

MVの構成は上記の通り。

難解なMV・歌詞ですが、
音楽を担当するACAねさんは

懐かしい記憶 いつだって笑み
浅い言葉も声も正義であるように
ばいばい

といったヒントを残しています。

懐かしい記憶

ということは

今は失われているもの

が題材である可能性が算出される。

タイトルロゴから考察

「正義」のロゴに注目。

正義という言葉のほかに

  • 手紙
  • ペン

が描かれています。

手紙やペンを使うのは人間です。

つまり、懐かしい記憶というのは、

モノや事柄を指すのではなく、

とある人間

であることが明確になります。

登場人物

主要な登場人物は四者。

主人公。

回想シーンの人物

謎の大男

謎の生物

ここで初めに仮説をお話ししますが、主人公が手紙を通して思い出していた人物こそが「回想シーンの人物」なのではと考えています。

他キャラの詳細は下記で述べるストーリー解釈で、綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ストーリー解釈

MVの背景

まず考えないといけないのは、
主人公の過去にあるもの。

「回想シーンの人物」を、懐かしく思い出していると仮定すると、その人物はこの世にいないことが推測されます。

そこで注目して頂きたいのはここの描写。

飛行機が樹のようなものにひっかかっている。

回想シーンの人物は、飛行機の操縦手だったのかも知れません(額につけているゴーグルもそのイメージを強調する)

単純ですがそう仮定すると

不慮の飛行機事故で亡くなった

ということが考えられます。

そしてMVの0:47には、主人公が幼い時に回想シーンの人物と話している情景がある。おそらくこれは事故直前の主人公の記憶を映しているのでしょう。古い記憶ではあるが、そのシーンが主人公の脳裏に焼き付いているのです。

幼いながらに脳裏に焼き付いているということは、主人公とその人物はかなり近しい関係だったのでしょうね。

私的解釈ですが「母親」ではないかと考えています。

MVの内容

回想シーンの人物は、
不慮の事故で亡くなった為に、
主人公に関しての心残りが強い。

だから、どうにかして主人公と繋がろうとするのがMVの内容。

ここからで大切なのが、
謎の生物と謎の大男の役割。

私的解釈ですが

謎の生物=回想シーンの人物の心

謎の大男=主人公と繋がるための媒体

だと思います。

 

2:50の映像わかるように、謎の生き物の存在に主人公が反応することはありません。すべて謎の大男を介して繋がっているのです。

あくまで何通りも考えることのできる解釈の一部ですが、これらを踏まえてMVを視聴すると、感じ方が変わってくると思います。

 

是非、改めて上のMVをご覧ください。

では、これらの考察をもとに
本題の歌詞に迫っていきます。

歌詞

つま先だって わからないのさ
そっと芽を合わして仕舞えば
仕舞うほど花びら散って
ただ体育座りして 抗ってる君と並んで
手を振る今日は 僕と君に近づきたいから

赤い瞳が ぼやける音
耳障りな声で 君と歌うけれど
深い昼寝の温度に慣れてくの?
飛び跳ねた笑みだけ 間違いそうもなくて

ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように
容易い笑みじゃ 纏めきれぬほどに
ただ はしゃいだって
譲り合って さよならさ
出遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた 浅い声の正義であるように

近づいて遠のいて 探り合ってみたんだ
近づいて遠のいて わかり合ってみたんだ
近づいて遠のいて 笑いあってみたんだ
近づいて遠のいて 巡り合っていたんだ

そっと揺り起こしても
何も変わらぬ存在を
大切に しすぎてしまうから
きっと これから先
もっと綺麗な文字で
拾い集めるんだろうな

悪いこと してなくても
秘密を隠し通すことが 正義なら
青い風声鶴唳 押し込んで
いつでも帰っておいでって
口癖になってゆくんだ

ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように
容易い笑みじゃ 纏めきれぬほどに
ただ はしゃいだって
譲り合って さよならさ
出遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた
浅い声の正義であるように

なんども話そうと
なんども瞑ろうとしても
途端に真っ白くなって
途端に伝えすぎちゃうね
今は単純に散々に願うのさ 傲慢でも精一杯の
「うんうん。」って君と僕で
喋ったね、夢の話で
くすぐったい笑みで今は全て

まだ 聞こえないで 終わらないで
抱きしめたいように
小さくなった声に 嘘がないように
ただ はシャイいだって
笑いあって さよなら差?
手遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足し手
生かされてた
浅い声の正義であるように

近づいて遠のいて 探り合ってみたんだ
近づいて遠のいて わかり合ってみたンダ
地下着いて 問い解いて 笑いあってみタンダ
チカヅイテ トーノイテ 巡り合っていたんだ

チカヅイテ トーノイテ
サングリアッテミタンダ
チカヅイテ トーノイテ
ワカリアッテミタンダ
チカヅイテ トーノイ十
ワライアッテミタンダ
チカヅイテ 十ー退イテ
巡り合ってみたんだ

youtube.com

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈

1番

つま先だって わからないのさ
そっと芽を合わして仕舞えば
仕舞うほど花びら散って
ただ体育座りして 抗ってる君と並んで
手を振る今日は 僕と君に近づきたいから

赤い瞳が ぼやける音
耳障りな声で 君と歌うけれど
深い昼寝の温度に慣れてくの?
飛び跳ねた笑みだけ 間違いそうもなくて

youtube.com

前提ですが、ここの解釈で登場する

君=母

であると仮定して考察を進めています。

つま先というのは、
人間の身体の一部で末端にあるもの。

つまり、君の一部分も分からない

と言っている。

裏を返せば

君に近づきたい

という主人公の心情が読み取れる。

MVと連動させて考えると、
君は回想シーンの人物。

 

芽(目)が合うほど、花が散る

という部分は、分かり合おうとすればするほど、分かり合えないことが現実味を帯び、悲しみが立ち込めてくる情景を映しているのでしょう。

 

分かり合えないのは、
君はすでに亡くなっているから。

会えるのは夢の中だけ。

会う時間が長い=寝ている時間が長い

だから

昼寝の温度に慣れてくの?

とある。

サビ1

ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように
容易い笑みじゃ 纏めきれぬほどに
ただ はしゃいだって
譲り合って さよならさ
出遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた 浅い声の正義であるように

youtube.com

ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように

というフレーズを、
今までの前提のもと
読み解くと切なすぎる。

どんなに思い出したとしても、
実際に触れあうことは叶わないのです。

 

冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた
浅い声の正義であるように

というのは

回想シーンの人物が
謎の大男という媒体を通して、
声を届けていたこと。

を表すのではないでしょうか。

亡くなっているから冷たい。

しかし、そんな何かを介した声でも、
主人公にとっては正義(救い)だったのです。

近づいて遠のいて 探り合ってみたんだ
近づいて遠のいて わかり合ってみたんだ
近づいて遠のいて 笑いあってみたんだ
近づいて遠のいて 巡り合っていたんだ

youtube.com

近づいて遠のいて

を繰りかえすのは

会えるのは夢の中だけだから。

もしくはMVに準ずるとすると、
手紙や大男を介さないといけないから。

 

制限付きだから距離を詰めることができない。

近づいては遠のいてを繰り返す。

2番に続きます。

以降では情景がより明確化していきます。

スポンサーリンク

2番

そっと揺り起こしても
何も変わらぬ存在を
大切に しすぎてしまうから
きっと これから先
もっと綺麗な文字で
拾い集めるんだろうな

youtube.com

掘り起こすのは、君との思い出の品。

新しいものは生まれないから、
過去のものを大切にするしかないのです。

もっと綺麗な文字で
拾い集めるんだろうな

というのは、主人公が成長していく過程を表しているのでしょう。

「歳月が過ぎて、
大人になったとしても、
君を思い出すんだろうな」

と感じているのです。

悪いこと してなくても
秘密を隠し通すことが 正義なら
青い風声鶴唳 押し込んで
いつでも帰っておいでって
口癖になってゆくんだ

youtube.com

サビにも出てきましたが、ここでまた「正義」という言葉が綴られる。

秘密を隠すこと=正義

と言っていますが、
これは何を意味するのでしょうか?

主人公の心情に沿って読み解くと

自分の負の感情を隠すこと

といったところでしょうか。

風声鶴唳とは、
少しのことでも驚いて、
恐れて怯えることのたとえ。

主人公は、過去の出来事のせいで、誰かを見送るのがトラウマになっているのかも知れません。誰かを「またね」と見送るために過去の出来事がフラッシュバックするのです。しかし、そんな不安を他人に見せても仕方がないから、風声鶴唳を押し込んで見送るのです。

サビ2

ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように
容易い笑みじゃ 纏めきれぬほどに
ただ はしゃいだって
譲り合って さよならさ
出遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた
浅い声の正義であるように

youtube.com

サビと同じであるため解釈は割愛します。

3番

なんども話そうと
なんども瞑ろうとしても
途端に真っ白くなって
途端に伝えすぎちゃうね
今は単純に散々に願うのさ 傲慢でも精一杯の
「うんうん。」って君と僕で
喋ったね、夢の話で
くすぐったい笑みで今は全て

youtube.com

ここの瞑るというのは、
追悼を指しているのでしょうか。

夢の中で話そうとしても、覚めてしまうし、死を受け入れて瞑ろうとしても、自分の中の何かがそれを拒むのです。

だから何度も繰り返す。

伝えれる瞬間が来たとしても、準備していないから言葉は出ないし、しかし伝えるチャンスはかけがえのないものだから、帳尻合わせするように質のない言葉が溢れてくるのです。

ラストサビ

まだ 聞こえないで 終わらないで
抱きしめたいように
小さくなった声に 嘘がないように
ただ はシャイいだって
笑いあって さよなら差?
手遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足し手
生かされてた
浅い声の正義であるように

youtube.com

  • 小さくなった声
  • さよなら

から遠のいていく君を感じさせられる。

近づいて遠のいて 探り合ってみたんだ
近づいて遠のいて わかり合ってみたンダ
地下着いて 問い解いて 笑いあってみタンダ
チカヅイテ トーノイテ 巡り合っていたんだ

チカヅイテ トーノイテ
サングリアッテミタンダ
チカヅイテ トーノイテ
ワカリアッテミタンダ
チカヅイテ トーノイ十
ワライアッテミタンダ
チカヅイテ 十ー退イテ
巡り合ってみたんだ

youtube.com

少しずつカタカナ表記になっていきます。

テキストだけを見ると不気味さを感じる。

これは、

近づいて遠のいてを
何度も繰り返していること。

あの世にいる君視点になっていること。
(君に近づいている?)

を表しているのではないでしょうか。

カタカナにすることで異常性だけではなく、思いの強さが強調されます。

感想

君=母だと置き換えて解釈すると、より切なくて情感深い歌詞に感じてしまい、個人的に胸が締め付けられました。

曲を出すごとに、曲調は違うのに「ずとまよらしさ」が残るという感動体験をさせられています。

今回も中毒性が高い。

ずとまよの曲は毎度毎度追っていますが、本当に期待を裏切りませんね。

そして改めてですが、歌詞・MVが難解。

数を重ねるうちに
難易度が上がっているような、、、(笑)

この解釈幅の広さも魅力の1つなわけですが。

【ずっと真夜中でいいのに。/正義】

MVと歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました