スポンサーリンク

【RADWIMPS/大丈夫】歌詞の意味を徹底解釈!洗練されたラストフレーズが胸に刺さる!

映画「天気の子」の挿入歌!

【RADWIMPS(ラッドウィンプス)】

「大丈夫」について

歌詞の意味を徹底的に

考察および解説していきたいと思います。

短い歌詞の中に詰まった素敵な言葉たちを、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク


楽曲の基本情報

今回紹介するRADWIMPSの「大丈夫」は、映画「君の名は。」で爆発的ヒットを記録した新海誠監督の新作映画「天気の子」の挿入歌として使用された楽曲です。

公式で紹介されているあらすじは

「あの光の中に、行ってみたかった」

高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。

といったものです。

映画を見た後はきっと

帆高の真っすぐ過ぎる想い

に感動すること間違いなしで、

これから考察を行っていく「大丈夫」も、そんな帆高の真っすぐな想いが、歌詞に映されているように感じました。

(歌詞考察の中で映画のネタバレは、
ございませんのでご安心下さい。)

サルー
サルー

さっそく楽曲の考察に移っていきます。

楽曲名「大丈夫」とは

「大丈夫」とは

 あぶなげがなく安心できるさま。

強くてしっかりしているさま。

という意味になっています。

圧倒的な安心感を伝えるための言葉で、日常の中では、相手を気遣う際に疑問形で使ったり、自分の無事を知らせるために口にしますね。

 

シンプルながらに心強い言葉「大丈夫」

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

歌詞

世界が君の小さな肩に 乗っているのが
僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると

「大丈夫?」ってさぁ
君が気付いてさ 聞くから
「大丈夫だよ」って
僕は慌てて言うけど

なんでそんなことを 言うんだよ
崩れそうなのは 君なのに

世界が君の小さな肩に 乗っているのが
僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると

「大丈夫?」ってさぁ
君が気付いてさ 聞くから
「大丈夫だよ」って
僕は慌てて言うけど

なんでそんなことを 言うんだよ
崩れそうなのは 君なのに

取るに足らない 小さな僕の
有り余る今の 大きな夢は
君の「大丈夫」になりたい
「大丈夫」になりたい
君を大丈夫にしたいんじゃない
君にとっての 「大丈夫」になりたい

作詞:野田洋次郎

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈

世界が君の小さな肩に 乗っているのが
僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると

作詞:野田洋次郎

「世界」という膨大な大きさを連想させる言葉と、対照的に綴られる「君の小さな肩」

このテクニックにより

とてつもなく重い重圧が圧し掛かっている

ことが分かります。

 

その君が背負うものの大きさや、君の過剰すぎる負担に、いち早く気付いた主人公は、君の周りでのたうち回っています。

サルー
サルー

「自分に自信がない」「優しすぎる」といった、歌詞の主人公のキャラクター像が垣間見えますね。相手を思いやる故に、声を掛けれないという現象は、多くの人が共感できると思います。

「大丈夫?」ってさぁ
君が気付いてさ 聞くから
「大丈夫だよ」って
僕は慌てて言うけど

作詞:野田洋次郎

君に何と声を掛けたら良いか分からず、ああだこうだ葛藤していると、「大丈夫?」という言葉を、なんと君から掛けられてしまいます。

サルー
サルー

その後の展開は、日常の中でもかなりあるあるなのではないでしょうか。「大丈夫?」に対して「大丈夫」と応えるのは、もはや脊髄反射レベルですよね。

なんでそんなことを 言うんだよ
崩れそうなのは 君なのに

作詞:野田洋次郎

ふと「大丈夫」と答えた主人公でしたが、

崩れそうなのは君なのに

すなわち

声を掛けるべきは僕だったのに

と、やるせない感情に包まれています。

 

そんなどこにもいけない感情を、

「君に対する決意」という形で昇華させます。

それが、後に続く感動のラストフレーズです。

 

<2番は1番と同じ歌詞なので割愛します>

取るに足らない 小さな僕の
有り余る今の 大きな夢は
君の「大丈夫」になりたい
「大丈夫」になりたい
君を大丈夫にしたいんじゃない
君にとっての 「大丈夫」になりたい

作詞:野田洋次郎

ここかなりグッときますよね。

君を大丈夫にしたいんじゃない
君にとっての 「大丈夫」になりたい

意味が深く、考え方が素敵すぎます。

 

ラスト全体を解釈すると、

君を心配してしまうどころか、逆に心配されてしまう頼りない僕だけど、いつかは存在だけで君を安心させるような大きな男になりたい。今、気休め程度の「大丈夫」をかけて、その場しのぎの「大丈夫」を言わせるのではなく、自分が成長することで「一生分の大丈夫」を君に与えたい。

といったところではないでしょうか。

サルー
サルー

このラストは、本当に心に響きました。

感想

いかがでしょうか。

「大丈夫」というタイトルに負けないほど、

相手を想いやる気持ちが伝わってくる歌詞

でしたね。

 

歌詞自体は、短く凝縮されたものなのですが、洗練具合が半端ない。個人的に「天気の子」の主題歌シリーズの中で、最も好きな楽曲となりました。

 

【RADWIMPS/大丈夫】

歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました