TwitterはこちらApple Musicのレビュー

【RADWIMPS/猫じゃらし】歌詞の意味を解釈!多幸感溢れる「幸せ」ナンバーを解説。

野田洋次郎が描く、幸せ溢れるナンバー!

【RADWIMPS(ラッドウィンプス)】「猫じゃらし」について、歌詞の意味を徹底的に考察および解説していきたいと思います。

 

注目ポイント

✔「幸せ」がテーマになっている楽曲意図
✔野田洋次郎が楽曲に込めた想い
✔細かいフレーズから溢れ出す日常愛

 

サルー
サルー

多幸感に包まれる幸せナンバーを深堀りしていきます。

スポンサーリンク


楽曲の基本情報

今回紹介していく「猫じゃらし」は「幸せの紅茶、午後の紅茶。」をテーマとした『キリン 午後の紅茶』のCMソングの為に書き下ろされた楽曲になります。

 

本楽曲が起用されているのは深田恭子がメインキャストを努める「きっと幸せは、さわれるくらい、そばにある。幸せの紅茶。」篇となっており、こちらでは家族や友人など大切な人と過ごす日常の中の様々な「幸せ」の瞬間が描かれています。

 

作詞作曲を努めた野田洋次郎のコメントが以下。

人間の「慣れる」力はすごいです。良いも悪いも。少しのキッカケでいつも通りの朝ごはんや、「おかえり」の声や、家までの帰り道が愛しく大事に思えたりします。この世界で楽しく生きるコツは、もしかしたら大それたことではなく、その小さな喜びに気づく才能なのかもしれません。あともう一つ、毎日一緒に過ごす「自分」という存在も、いつの間にか僕たちは知った気になって生きていることがあります。自分さえ知らない自分が、まだまだ隠れているかもしれません。そんな想いで作りました。

 

サルー
サルー

楽曲に込められた想いが感慨深く、そして温かいですね…

 

何気ない日々の幸せに気付く。

そんな幸せを得るための教訓が込められた歌詞に深く迫っていきたいと思います。とその前にまずは楽曲タイトル名に着目していきましょう。

楽曲名「猫じゃらし」とは

「猫じゃらし」とは

 エノコログサの別名

であり、誰もが想像できるであろう上写真の植物です。

 

一般用途としてはその名の通り、猫を喜ばせ、じゃらつかせる道具として扱われることが多いですよね。そのため本楽曲のタイトル名にはスキンシップの意愛情を育む意が込められているのではないかと筆者は考えています。

 

そうすると単体では解釈の難しい「猫じゃらし」も、「幸せ」をテーマに作られた楽曲、そのタイトル名として確固たるポジションを確立することができるのではないでしょうか。

 

本楽曲のタイトル名が歌詞のメッセージ性とどのように関与してくるのでしょうか。

 

サルー
サルー

まだまだ明らかになっている部分は少ないですが、本題の歌詞に迫っていきましょう。(公開され次第、更新致します)

スポンサーリンク

歌詞

この言葉ばかりに頼りきった日々が
名もない世界の鍵を閉めたんだ
明日の意味や色さえ3秒で
変わり続けるこんな僕なのに

いざ僕らで行こうぜ初めましての今日へ
ドレスコードは君も知らない君だけさ
僕らで行こうよ半径僕と君の
間に何個も新しい今日を描いてみようか

騒ぎ立てるほど不幸じゃない毎日と
聖者になれるほど幸福じゃない毎日を
ある朝アラームに笑われた気がした
シャワーの音に哀れまれた気がした

いつか僕らで行こうぜ君の中へ行こうぜ
名前なんてひとつも付いていないもんで
できた世界は何百回だっていっそ何万回だって
初めましてのただいまおかえりを言い合おうよ

触れるくらいの幸せ抱っこして
背負えるくらいの悲しみおんぶして
歩き続けてく日々でもたまに
名もない世界の鍵を開けようよ

いざ僕らで行こうぜ初めましての今日へ
ドレスコードは君も知らない君だけさ
僕らで行こうよ半径僕と君の間に
何個も新しい今日を描いてみようか

遥か遠くの彼方ばかりに憧れは向かって行く
けどそれでも僕は貴方っていう光が放射状に
放つ重力に引っ張られて今日も居るよ
君の横に僕は居るよ

※耳コピによる非公式歌詞となります(公式で発表され次第追記します。)

歌詞の意味・解釈

触れるくらいの幸せ抱っこして
背負えるくらいの悲しみおんぶして

安心感に包まれる心に残るフレーズ。

 

「触れるくらいの幸せ抱っこして」というのは、毎日の中でありふれている「当たり前な幸せ」を抱きかかえること。その重要さと素敵さを改めて説いてくれています。

 

また反対に日常の中で起きてしまう「不幸」については「背負えるくらいの悲しみおんぶして」と、前文とは対照的なフレーズが綴られています。こちらは「どうしても日常の中で不幸は起きてしまうけど、それも愛情を持って抱えていこう」というメッセージがくみ取れる。

 

愛情を感じずにはいられないのは「悲しみ(不幸)」に対して「おんぶする」という動詞を起用する秀逸的言葉選びに起因しているのでしょう。単純に困難を乗り越える情景を綴った歌詞とはひと味もふた味も違います。

 

サルー
サルー

悲しみに対して書かれているのに、こんなにも「温かさ」を感じさせる。やはり作詞センスが半端じゃないです。

いざ僕らでいこうぜ
はじめましての今日へ
ドレスコードは君も知らない君だけさ

ドレスコードとは、服装規定のことで社会の中のさまざまな場所と機会、また行事や催し物やパーティなどの場面で「当然これを着ないといけない」と思われる服装のことをいいます。

 

つまり「ドレスコードを知らない」というのは「どれがふさわしい服装なのかは知らない」ということになります。

 

そしてこれがかかっているのは「僕らがいくはじめましての今日」であるため「誰もが経験したことない『今日』に正解はないんだよ」というメッセージを持つように、歌詞全体として解釈することができる。

 

サルー
サルー

何気ない『今日』という一日に新鮮味を覚えることができ、なおかつ一日の大切さも実感することができる秀逸的な歌詞なのです。すごい。

感想

いかがでしょうか。

 

今の時点では断片的な解釈をすることしかできませんが、少ない歌詞からも野田洋次郎が歌詞に込めた『日常の幸せ』が十分に伝わってくるのではと思います。

 

公式歌詞の全容が公開され次第、フルバージョンの歌詞考察を更新しますので、楽しみに待ちましょう。筆者もフルバージョン歌詞の公開を心待ちにしています。

 

 

【RADWIMPS/猫じゃらし】

歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました