TwitterはこちらApple Musicのレビュー

【クリープハイプ/ラブホテル】歌詞の意味を解釈し徹底解説!淡く切ないひと夏の恋愛物語!

2番

『えっ、そんなつもりじゃなかったんだけど とか今更言われても困るよ』
とか今更言われても困るよ

uta-net.com

「そんなつもりじゃなかったんだけど」

ホテルの後、彼女は彼に伝えます。

すると彼は

「今更言われても困るよ」

と返します。

その返事に彼女も困ってしまいます。

なぜなら、彼を好きになってしまったから。

好きになってしまったから

今更何を言われても
好きになる前に戻れないのです。

出会ったあの日は 103です
それからの毎日は 307です
別れたあの日は 403です

一回位 減るもんでもないし

uta-net.com

数字の羅列は部屋の番号です。

出会ったあの日は、

慌ててホテルに駆け込んだから1階の103号室。

それからの毎日は、

お気に入りの部屋を見つけて307号室。

別れたあの日は、

最後を彩るために1番高い4階の403号室。

と、いったところでしょうか?

ここの解釈は様々ですね。

彼を好きになってしまったために
彼女は、自分に言い訳をしながら
何度も彼に会いに行くのです。

スポンサーリンク

サビ2

夏のせい 夏のせい
夏のせいにしたらいい
それでも駄目なら君のせいにしてもいい
これから季節が冬になってしまったら
誰が温めてくれるんだよ

今でも
忘れられないよ

uta-net.com

夏の季節が終わり
彼と会うことはなくなったようです。

「遊び半分だった彼は
きっと自分の事は忘れている」

でも、好きになってしまった
自分は忘れられない。

軽はずみな行動から
恋に落ちてしまった彼女は
空っぽになってしまいます。

悔しい。でも忘れられないのです。

感想

「そんなつもりじゃなかった」

から情が生まれることは少なくないですよね。

女性の気持ちに共感ができる歌詞
だったのではないでしょうか。

毎度のことながらドラマのようでしたね。

🔁クリープハイプの歌詞の意味解釈や
メンバー情報、おすすめ楽曲など
全てのまとめページはこちら

以上、【クリープハイプ/ラブホテル】

MVと歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました