【Official髭男dism/Rowan】歌詞の意味を徹底解釈!花言葉の意味が切なすぎて胸が痛くなる。

アルバム「Traveler」の収録曲。

【Official髭男dism(通称:ヒゲダン】

「Rowan(ローワン)」について

歌詞の意味を徹底的に

考察および解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


楽曲の基本情報

冒頭でも述べましたが、今回紹介する「Rowan」は、髭男初のメジャーアルバム「Traveler」の収録曲。本楽曲の特徴と言えば、平易な盛り上がりを保ちつつも、心に染みてくるメロディや歌詞、浮遊感を感じさせるサウンドアレンジであると個人的に感じているのですが、なんと本楽曲はギターを担当する「小笹大輔」さんが作詞作曲を努めています。

 

サルー
サルー

いつもの雰囲気とはひと味違うミドルバラード。髭男の新たな魅力が垣間見える楽曲ですね。作曲センスもさることながら、メンバー全員歌唱力も高い。どれだけ層が厚いんだ、、、

 

では、本題の楽曲考察に移っていきます。

楽曲名「Rowan」とは

前提として「Rowan」とは

ヨーロッパからシベリアに広く分布している植物です。

別名「ナナカマド」と言われます。

 

今回感慨深いのが、

この「ナナカマド」の花言葉。

  • 「慎重」
  • 「賢明」
  • 「私はあなたを見守る」

という意味なんですよね。

 

「Rowan」

 

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

紐解いていくことで分かるのですが、花言葉の最後に綴られる「私はあなたを見守る」が切なすぎるのです。

歌詞

埃かぶってしまった 思い出に縋りついて
僕の中に君を創り上げた
退屈を飼い慣らした 色のないこの街で
誰でもない誰かになりたかった

見上げた空の狭さにも慣れた
今では僕だけが立ち止まって
馬鹿げたこと言うなよって笑ってくれよ
「君だけが居てくれればよかった」

分かりあってるつもりになって
いつの間にかすれ違って
だけど僕ら何処へも行けなくて
思いあってるつもりになって
いつの間にか傷つけあって
痛みだけでも君に残したかった

淡い期待 あとどれくらい
苦い誓い 消えないまま
君に触れたい 誰も知らない
少しの後悔 抱きしめたまま

形あるものを欲しがって
大事なこと見失って
正しさなんか ただのひとつだって
要らなかったはずなのに
飽きるほどに求めあって
理由もなく悲しくなって
気づいた時にはもう帰れなかった

分かりあってるつもりになって
いつの間にかすれ違って
だけど僕ら何処へも行けなくて
思いあってるつもりになって
いつの間にか傷つけあって
痛みだけでも君に残したかった

作詞作曲:小笹大輔

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈

1番

埃かぶってしまった
思い出に縋りついて
僕の中に君を創り上げた
退屈を飼い慣らした 色のないこの街で
誰でもない誰かになりたかった

埃かぶった過去の恋愛が本楽曲の題材。

別れて二度と会えなくなってしまった君。

それを未だに想う主人公は、心のなかで君に会いに行きます。

 

君といたときは色づいていた街も、今では絶望を象徴するように、モノクロの世界に変化している。まるで“自分は世界一不幸せ”だと感じる主人公は、「誰でもない誰かになりたかった」と嘆いています。

 

見上げた空の狭さにも慣れた
今では僕だけが立ち止まって
馬鹿げたこと言うなよって笑ってくれよ
「君だけが居てくれればよかった」

「君だけが居てくれればよかった」

これが主人公の抱えている感情の全て。

モノクロで色のない世界だから、感覚的に遠近の程度も分からないし、立ち止まってしまうことで小さな世界でしか生きることができないから、世界が狭く感じるのでしょう。

 

馬鹿言って笑ってくれる君がいたら…

と、叶うはずのない期待を胸を秘め、退屈な街を歩いていくのです。

サルー
サルー

切ない情景が頭に浮かぶ。

サビ1

分かりあってるつもりになって
いつの間にかすれ違って
だけど僕ら何処へも行けなくて
思いあってるつもりになって
いつの間にか傷つけあって
痛みだけでも君に残したかった

どこか子供のような二人なのに、きっと大人になったふりをして、本音を語らないことが多々あったのでしょう。

  • 「分かりあってる」
  • 「思いあってる」

それはいつの間にか「つもり」になっていて、些細なすれ違いは時間をかけて大きな溝を形成していったのです。

 

そして、主人公側の解釈では

Bメロの歌詞で

僕だけが立ち止まって

とあったように

君はもう忘れているんだろうなあ…

と感じています。

自分はこんなにも想っているのに。

 

このギャップのせいで余計に切なくなった主人公は

痛みだけでも君に残したかった

と、どんな形であれ、傷跡(思い出)を残したかったと言い放つのです。

サルー
サルー

大人のフリをして、心の底まで気持ちを伝えれなかった二人だからこそ、強くそう思ったのかも知れませんね。当たり障りなく別れてしまった過去を悔やんでいるのです。

スポンサーリンク

2番

淡い期待 あとどれくらい
苦い誓い 消えないまま
君に触れたい 誰も知らない
少しの後悔 抱きしめたまま

淡いとは、

色や味などが際立たず、 薄いこと。

色素のない世界の中で、君が戻ってくるという薄い期待を寄せて、今日も主人公は漂っています。

 

「もう会わない、別れよう」

などといって、別れたはずの二人なのに、その誓いは、今では主人公を苦しめるものでしかないのです。

形あるものを欲しがって
大事なこと見失って
正しさなんか ただのひとつだって
要らなかったはずなのに
飽きるほどに求めあって
理由もなく悲しくなって
気づいた時にはもう帰れなかった

別れ際まで、二人は

  • 確かに感じるすれ違い
  • 相手を失いたくないという想い

の中で葛藤していたのではないでしょうか。

 

このままじゃ離れてしまうと分かっている。でも本音でぶつかり合えない間柄を作り上げてしまったから、目に見える愛情を飽きるほどに求め合ったのでしょう。しかし、本音を言えていない時点で「大事なことを見失っている」のは分かっているのです。

 

だから、理由もなく悲しくなってしまう日々が増え、深くなり過ぎた溝は埋めることができないほどに至ってしまった。

ラストサビ

分かりあってるつもりになって
いつの間にかすれ違って
だけど僕ら何処へも行けなくて
思いあってるつもりになって
いつの間にか傷つけあって
痛みだけでも君に残したかった

どんなに想ったって、関係が戻ることはない。

 

「Rowan」の花言葉は

「私はあなたを見守る」

 

この先、決して寄り添うことはできません。今できる愛情表現は、遠くからそっと見守ることだけなのです。

感想

どんなに切ないのでしょうか「Rowan」。

この二人みたいな関係って、実際少なくはないと思います。

 

大人のフリした恋愛の摩擦。

もっと素直になれていたら、、、

と思い返しても、もう終わったこと。

 

一途に君だけを見ていたようで、見ていなかった。想っていたようで、想えていなかった。結局は独りよがりだった。

 

過去に似たような恋愛がある方は、本楽曲のリアルな切なさに胸を締め付けられたのではないでしょうか(私がそうでした 笑)

 

【Official髭男dism/Rowan】

歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました