TwitterはこちらApple Musicのレビュー

【Ado/レディメイド】歌詞の意味を徹底解釈!描かれるのは既製品になりたくない主人公の抗い?

【Ado(アド)】「レディメイド」について、歌詞の意味を徹底的に考察および解説していきたいと思います。

 

読みどころ

✔ レディメイドの意味と楽曲のメッセージ性
✔ MVに映る2パターンの姿
✔ 「うっせぇわ」と似ている…?

 

サルー
サルー

これまた考察しがいのある楽曲でした。歌詞・MVともにじっくり解釈を行っていますので是非最後までお読み下さい!

スポンサーリンク


「大人にだけはなりたくなんかない 」

→Apple Musicでフル視聴する 

 

今回紹介していく「レディメイド」は、Adoの第2弾シングル。作詞作曲は「すりぃ」が担当しています。

 

第1弾シングル「うっせぇわ」が驚異的なバズり(リリース後から3か月後にiTunesランキング1位など)を起こしたのですが、レディメイドもそれに勝るとも劣らないくらい中毒性が強い。

 

何よりAdoさんの歌声。というより歌い方といったところでしょうか。月並みですが歌唱力が高すぎる、、、

 

そして楽曲の内容もこれまた考察が捗る歌詞の面白さ・タイトルの巧みが隠されています。

 

ちなみにYouTube上に公開されたMVでAdoさんは「大人にだけはなりたくなんかない 」とコメントを残していました。歌詞考察の中でここも回収していきますね。

 

サルー
サルー

それでは本題の楽曲考察に移っていきます!

楽曲名「レディメイド」とは

パッと見で「レディメイド」という文字だけを見ると、多くの人が『LadyMaid(女性のメイドさん)』を想像するのではないでしょうか?

確かにMVにもメイド姿の女性が描かれています。

 

しかし真実は「Ready made」の方。

日本版の楽曲タイトルだけを見ても「レディメイド」の情報しか入ってこないのですが、実は海外版では「Ready made」の表記になっているのです。

 

そして「Ready made」は「既製品」を意味する言葉。

既製品というと「製品としてできあがっていること」を意味しますよね。 これから作るのではなく、もうすでに製品として完成しているもの。

 

つまり主人公は「レディメイド(Ladymaid)」であり「Ready made(既製品)」な訳です。

 

これが何を示しているのか、、、

 

サルー
サルー

これから歌詞を細かく解釈していきます。タイトルに隠されたメッセージを一緒に解き明かしていきましょう!

スポンサーリンク

歌詞

ロンリー..寄る辺ない侘しさに
頬杖ついてるようじゃ変わらないわかってんだよ
メイビー..ありふれたモブなんだって
認めてないならいっそ腐るまで叫んで

異端傾(かぶ)けば?赤裸々に
本音ばかりじゃ生きられない
路肩に寝転ぶ人生が
きっとお似合いだなあ
大人になれば溶け込んで金と愛情で踊るのさ

1.2.3で弾け飛んだ
固定観念バットで打って
どうだい?どうだい?
楽ならまっいっか

レディメイドの琴線に
歪みかけてノイズ混じり
後悔?後悔?
やめて黙っていろ
舌に乗った苦い感情ばかりが発火して

ダーティー..言葉飲み込めばほら
いい子になるわよなんて顔色窺ってんだよ
ベイビー..歪み出すラブなんだって
オーダーメイドのブランド身につけ威張って

舌を鳴らせば下種(ゲス)張りと不適合者は魔女狩りさ
鼻高々にヒーローぶってきっと楽なんだなあ
社会の外は何処ですか? 金も愛情もクソくらえ

1.2.3で砕け飛んだ
既成概念真っ赤に塗って
脳内!脳内!
混ぜて笑っていろ

レディメイドの延命に
ゲイトかけてノイズはじき
問題!問題!
解かず歌っていろ
塞ぎ込んだ黒い感情ばかりが発火して

ね?ほらまた始まった 比較ばかりで飽きたんだ
大人にだけはなりたくなんかない
ああ..天邪鬼なの
ほっといて私?あたし!気付いたの

1.2.3で弾け飛んだ
固定観念バットで打って
どうだい?どうだい?
楽ならまっいっか

レディメイドの琴線に
歪みかけてノイズ混じり
後悔?後悔?
やめて黙っていろ

1.2.3で砕け飛んだ
既成概念真っ赤に塗って
脳内!脳内!
本当は泣いていた

レディメイドの延命に
ゲイトかけてノイズはじき
問題!問題!
解かず歌っていろ
舌に乗った苦い感情ばかりが発火して

作詞:すりぃ

歌詞の意味・解釈

1番

ロンリー..寄る辺ない侘しさに
頬杖ついてるようじゃ変わらないわかってんだよ
メイビー..ありふれたモブなんだって
認めてないならいっそ腐るまで叫んで

これから歌詞を細かく噛み砕きながら考察を行っていくのですが、はじめに言わせて頂くと「大人にだけはなりたくなんかない 」。この言葉が全てでした。

 

まず主人公は大人になっていない世代。つまりはティーンエイジャーといったところです。

 

そして歌い出しの「ロンリー」からも分かるように、主人公が抱えているのは圧倒的な寄る辺ない寂しさ。

なぜこのような寂しさを抱えているのか。その答えが少し下の行の「ありふれたモブなんだって」に当たるのでしょう。

 

つまり主人公はありふれたモブになることに圧倒的な寂しさを感じている訳です。ありふれたモブ…つまりは既製品の大人と言ったところでしょう。

 

異端傾けば?赤裸々に
本音ばかりじゃ生きられない
路肩に寝転ぶ人生が
きっとお似合いだなあ
大人になれば溶け込んで金と愛情で踊るのさ

大人になりたくない主人公は、ありふれたモブになることを精一杯拒もうとする。

その姿が「異端傾けば?赤裸々に」という歌詞で表現されています。

  • 異端とは正統から外れていること。
  • 傾くとは勝手な振る舞いをすること。

をそれぞれ意味します。

 

そして主人公の「大人になりたくないの度合い」が「路肩に寝転ぶ人生がきっとお似合い」という歌詞で巧く表現されています。

言わずもがなですが、大人になりたくないというのは年齢的・身体的ではなく「決められた社会に属したくない」という気持ちの表れですよね。

だから社会からはみ出して「路肩に寝転ぶ人生がお似合い」だと自分で言っているのです。

 

主人公は大人になって溶け込む未来に怯えている。

 

サビ1

1.2.3で弾け飛んだ
固定観念バットで打って
どうだい?どうだい?
楽ならまっいっか

サビ前半で描かれるのは、主人公の現状を打破したい欲求。つまりは大人になりたくない主人公の抗いといったところですね。

 

「固定観念」とは、その人の思考を拘束するような考えのこと。簡単に言うと「凝り固まった考え」のことですね。

 

察しの良い方はとっくにピント来ているかも知れませんが「固定観念=大人」といったところです。

 

だから「大人になりたくない主人公」は固定観念をバットで打って楽になろうとしている。

 

レディメイドの琴線に
歪みかけてノイズ混じり
後悔?後悔?
やめて黙っていろ
舌に乗った苦い感情ばかりが発火して

サビ後半は「大人の世界に引っ張られて苦しむ主人公」が描かれています。

 

注目したいのは「琴線」といった言葉。

この言葉は、物事に感動・共鳴しやすい心を琴の糸にたとえたものです。

 

つまり「レディメイドの琴線」とは、大人(既製品)の凝り固まった考えを共鳴してくるものといったところです。長い物には巻かれろ的なヤツです。

 

バットで固定観念を打った主人公ですが、レディメイドの琴線に歪みかけてしまうわけです。

歪みとは、物体に外力を加えたときに現れる形状または体積の変化。抗ったはいいものの反発の強さに「後悔」のせめぎ合いに苦難している。

 

サルー
サルー

そしてこのせめぎ合いの全容こそが「舌に乗った苦い感情ばかりの発火」といったところでしょうか。楽曲のメッセージ性・輪郭がかなり見えてきましたね。さらに歌詞を追っていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました