スポンサーリンク

【クリープハイプ/泣き笑い】歌詞の意味を徹底解釈!アルバムのタイトル名にも起用されたパワーワードが歌詞中に!?

アルバム

『泣きたくなるほど嬉しい日々に』の収録曲

「泣き笑い」について

歌詞の意味を徹底的に

解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


楽曲名「泣き笑い」とは

「泣き笑い」とは

泣いたり笑ったりすること。

悲しいこともうれしいこともあること。

という意味になっています。

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

MVの意味・解釈

MVはありませんが

こちらは「泣きたくなるほど嬉しい日々に」の

全曲トレーラーになります。

3:21秒から流れるのが

当楽曲「泣き笑い」になります。

歌詞

このどこかにあるはずなんだけど
すぐには出てこないな
どこにしまったかわからなくて
体中探してる

「頭」「胸」ありがちな所じゃなくて
喉の奥にも詰まってない
後で見つけるからとりあえず
もう全部好きでいて

あの時言ってなかったけど
いつもそうだった やっと見つけた
っていうかさっき言ってたけど
ずっと奥歯に挾まってた

泣きたくなるほど嬉しい日々に
答えはないけど手をあげてよ
恥ずかしい今も抱きよせて
間違っても笑ってよ

あれで合ってるはずなんだけど
間違ってるかもしれないから
不安になったらその度に
何度でも確かめて

その時言葉にならなくて
大切な物がやっとわかる
っていうかずっと知ってたけど
もっと奥で重なった

笑けるくらいに悲しい日々に
答えはないから手を繋いで
恥ずかしい今を抱きよせて
間違っても笑ってる

泣きたくなるほどに
答えがないから手をあげてよ
恥ずかしい今を抱きよせて
間違っても笑ってよ

全部好きでいてあげる

uta-net.com

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈

1番

このどこかにあるはずなんだけど
すぐには出てこないな
どこにしまったかわからなくて
体中探してる

uta-net.com

前提として、この歌は

主人公が恋人に対する想いを綴ったものです。

主人公は恋人に伝えたいことあるようです。

しかし、その伝えたいこと

すぐに言葉にできないのです。

どこにしまったかわからなくて
体中探してる

と歌詞中では捻くれて表現されています。

「頭」「胸」ありがちな所じゃなくて
喉の奥にも詰まってない
後で見つけるからとりあえず
もう全部好きでいて

uta-net.com

なかなか、言いたいことを言えないようです。

後で見つけるからとりあえず
もう全部好きでいて

と後回しにしつつも

自分のことを全部好きでいて

と言っています。

ここから主人公は恋人に

愛されたい

という気持ちが強いことがわかります。

すぐに想いを伝えることができない

自分でも好きでいて欲しいのです。

あの時言ってなかったけど
いつもそうだった やっと見つけた
っていうかさっき言ってたけど
ずっと奥歯に挾まってた

uta-net.com

ここまでの情景から察するに

主人公が伝えたかった言葉は

「好き」

といったニュアンスの言葉

なのではないでしょうか。

相手に対する純粋な想い

を伝えたかったのでしょう。

その言葉は

ずっと奥歯に挾まってた

とあります。

つまり、言葉にするギリギリのところで

言葉にできずにいたのです。

泣きたくなるほど嬉しい日々に
答えはないけど手をあげてよ
恥ずかしい今も抱きよせて
間違っても笑ってよ

uta-net.com

ここでアルバム名にも起用されている

泣きたくなるほど嬉しい日々に

という言葉が出てきます。

主人公の余りある幸福感が伝わりますね。

恥ずかしい今

と自分でもわかってるくらい

愛しくて仕方がない日々

なのでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました