TwitterはこちらApple Musicのレビュー

【イルミネーション/SEKAI NO OWARI】歌詞とMVの意味を解釈!正体を知ると涙なしでは聴けなくなる!?

2番

優しさに色があるなら
赤でも青でも黄色でもない
全部を混ぜあわせて
ただ一つ出来る色だ

utaten.com

主人から見た君は、とても優しい人間。

だから、君といって連想される

赤でも青でも黄色でもない
全部を混ぜあわせて出来る色

「優しさの色」と言っています。

それ、鼠色だよねって
顔をしかめるなよ
人知れず眠れない
夜を過ごした君に

utaten.com

「それ、鼠色だよね」

て、冗談交じりに言う君からは、
隠し切れない切なさが垣間見えます。

サビ2

僕らの家へ帰ろうか
影絵のような帰り道
夕食の匂いのする方へ
二人手を繋いで 向かい合った足跡

utaten.com

人知れず眠れない夜を過ごす

そんな、悲しみに暮れている君に

「僕らの家へ帰ろうか」

と声をかける主人公。

あくまでも、普段通り、目の障害を抱える前と同じように、君に接する主人公。

その姿からは「ふたりの関係の不変さ」

を感じさせられます。

当たり前に接する

それこそが、主人公が導き出した君を笑顔にする為の答えなのです。

3番

強いようで弱い
でも弱いようで強い君へ贈る色 グレー

utaten.com

  • 泣きじゃくる君
  • 障害と向き合う君

そんな、強いとも弱いとも言える君を

白でも黒でもない灰色と比喩しています。

スポンサーリンク

ラストサビ

今年の冬は暖かいね
少し前に君が言ってたけど
世界はこんなに一瞬で
真っ白になっていく

utaten.com

ここで語られるは、君に悟られないように隠していた主人公の本音。悲しみ。

少し前まで

「今年の冬は暖かいね」

と、笑顔で話しかけてきていた君。

もしかすると、ふたりで「イルミネーション」のような冬の輝きを見ている最中の言葉だったのかも知れません。

君の言葉を回想しながらも

世界はこんなに一瞬で
真っ白になっていく

と、もう二度と戻ることのないかも知れない

  • 君の目の色彩
  • 君の心からの笑顔

に、心打ちひしがれています。切なすぎる。

純白の街へ連れてくよ
緑や赤の綺麗な光
濡れた袖が暖まるまで
雪道を彩る
二人だけの足跡
続いていく足跡

utaten.com

主人公の心境を理解したうえでサビの歌詞を見ると、その「優しさ」「切なさ」に胸が張り裂けそうになります。

ラストサビのみ最後に綴られる

続いていく足跡

からは、

“ずっと君を守り続けていく”

という、主人公の「永遠の誓い」を感じます。

感想

いかがでしょうか。

あくまで自己解釈でしたが、これに準ずるとすると、本当に悲しい。そして優しさに溢れる楽曲だったのではないかと思います。

涙なしでは聴けなくなっちゃいました。

こんな優しい楽曲に巡り合えたことに
ただただ感謝です。

【SEKAI NO OWARI/イルミネーション】

MVと歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました