【あいみょん/真夏の夜の匂いがする】歌詞の意味を徹底解釈!予測不能な世界観が描かれる!?

ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の主題歌!

【あいみょん】

「真夏の夜の匂いがする」について

歌詞の意味を徹底的に

考察および解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の主題歌!

今回紹介していく「真夏の夜の匂いがする」は、石原さとみが主演を努めるドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の主題歌として書き下ろされた楽曲です。

つまり、楽曲の内容を真に理解する為には
ドラマ情報は必須ということです。

従って、あらすじを簡単に紹介します。

「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、石原さとみが演じる風変わりなオーナー・黒須仮名子と個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる物語。
サルー
サルー

石原さんが演じる、破天荒だがクセになる黒須仮名子に注目です。

あいみょんは主題歌担当に際して

今年の初めに石原さんと番組でご一緒させて頂く機会があり、その後ライブにも足を運んでくれて、是非また一緒に何かできたら嬉しいな。と思っていた矢先に、石原さん主演のドラマ主題歌の書き下ろしのお話を頂いて、純粋に嬉しく思いました。

今回石原さんが演じる、黒須仮名子は破茶滅茶だけど、何故かクセになる放っておけない人物。

「真夏の夜の匂いがする」もそういうクセのある存在で、聴く誰かの身体に、耳に、目に残って、抜け出せないものになればと。

楽曲の中を彷徨わせたいです、ズブズブに。是非、楽しみにしていて下さい。

とコメント。本楽曲には

黒須加奈子のキャラクターと関連する世界観

があるようですね。

ちなみに、ドラマ側からは

“予測不能”な世界観

を表現するように依頼されていたとのこと。

予測不能×抜け出せない楽曲意図

の組み合わせをあいみょんが作るなんて

驚異的なスルメ曲の予感がしますね。

 

また、ドラマ主演の石原さとみは

今回主題歌を担当してくださると伺い、とても嬉しく出来上がりを心待ちにしていました。

MCを務めたミュージックヒーローの番組がきっかけで、あいみょんさんの楽曲は全曲聞かせていただき、なんて幅広いジャンルを自分色に染め上げ、心に突き刺さる言葉と救ってくれる言葉を投げかけてくれる歌詞なんだろうと感嘆しました。

収録後すぐにライブに行かせていただき、生ライブの素晴らしさとファンの皆さんの愛の熱量や距離感を知り、私自身あいみょんさんのファンになって良かったと感じました。MCを見ていても面白くてワクワクし、人間的魅力が先行している感じがしていつか友達になりたいと密かに願っています。

とコメントしています。

  • 心に突き刺さる言葉
  • 救ってくれる言葉

この二つが交差する歌詞には

どんなメッセージが込められているのでしょうか?

本題の楽曲考察に移っていきます。

楽曲名「真夏の夜の匂いがする」とは

皆さんは「夏の匂いがする」

という言葉を聞いたことがありますか?

これは夏だけにとどまらず

  • 「春の匂いがする」
  • 「秋の匂いがする」

という言葉もあります。

この季節を匂いで例える表現は、本当に嗅覚だけが反応しているというより、五感により気温や景色から感じるものを「匂い」と表現している場合が多いです。(本当に匂いだけで判別できる人もいるそう)

つまり本楽曲の

「真夏の夜の匂いがする」というタイトルは

真夏の夜を感じ取れる風情。

という意味になります。

サルー
サルー

夏の夜は、冬の夜と違って気温的に散歩していて心地よかったり、花火大会や夏祭り等のイベントから、どうしてもワクワクしてしまいますよね。

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

歌詞

上記で述べたように、心に訴えかけてくる歌詞が気になるところですが、現在、歌詞は公開されていません。

情報入手次第、追記致します。

スポンサーリンク

感想

予測不能な世界が描かれる

「真夏の夜の匂いがする」

今後の情報公開が楽しみでなりませんね。

あいみょんが前回担当した

ドラマ主題歌「今夜このまま」

が良かっただけに期待してしまう。

新情報入手次第、すぐさま更新致します。

楽しみにお待ち下さい。

【あいみょん/真夏の夜の匂いがする】

歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました