スポンサーリンク

【椎名林檎/急がば回れ】歌詞の意味を徹底解釈して考察!

【椎名林檎×ヒイズミマサユ機】

「急がば回れ」について

歌詞の意味を徹底的に

考察および解説していきたいと思います。

林檎さん特有の造語が非常に面白いです。

スポンサーリンク


楽曲の基本情報

本楽曲はアルバム「三毒史」の収楽曲。

椎名林檎とヒイズミマサユ機がコラボした

「急がば回れ」は10曲目に収録。

  • アンニュイで気だるいヒイズミさんの声
  • 甘く誘惑するような林檎さんの声

このベストコンビが良い味を出しています。

来るものを拒むような歌詞は少し辛口要素で構成されていますが、全くもってその通りだと共感できます。

ある特定の人間をぶった切る!

そんな攻撃的ナンバーの実態とは?

楽曲に深入りしていきましょう。

楽曲名「急がば回れ」とは

「急がば回れ」という言葉

を聞いたことがありますか?

これは

早いが慣れない方法や危険な方法を選ぶよりも、時間はかかるかもしれないけど、安全で確実な方法を選んだ方がかえって効率よく早くできるよ。

という場合を例えることわざです。

本楽曲でも

自分を誇示したい人間が
過剰に自己主張するあまり
かえって小さい人間に見える様

が深い言い回しで描かれています。

サルー
サルー

歌詞は、社会人あるあるで、かなり共感の深いものになっています。林檎さん特有の独特な表現も非常に面白いです。

本題の歌詞に迫っていきましょう。

歌詞

自称・クリエイターの唐突なじぶん語り
ああ気温室やばい業務内容と
もう関係ないじゃんよ
皆が大好きな現場・密着のドキュメント
ああいう最後の場面再現して
酔払ってんじゃないの
どんな顔して何て云やいいんだっけ
当方しらふです
キャラ迷子

エトピリカ映えとプログレス映えは万全
やっぱ胡散臭い声ばっか
大きいひとダサくて大嫌い
直視していらんないよ
恥ずかしくて先方はへべれけ
ワナビー迷子

もー山気外連味ハッタリ
じゃ当然相手してくれんの
素人(とうしろ)しかいないわいな
玄人が苦労した上やっと繰り出した
名言まで失敬すんな 云いたきゃ手汚せ

全部顔に書いてら嘘吐いている口は下品
持っていない物をさも
持っているかのように云うな
急いちゃことを為損じるんだって
ちゃんとはたらけ
プライド迷子

え!洒落気に品性・知性
欲しけりゃ相手を最優先に
生きるしかないわいな
玄人らしくあくまで黙して
丁寧迅速品質を叶えて

ね!色気才能カリスマ性
そんなふあっとした物じゃ
誰一人救えないわいな
プロフェッショナルとは何
仕事内容だけで能弁に述べよ
愛だろ云うなれば

作詞:椎名林檎

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈

1番

自称・クリエイターの唐突なじぶん語り
ああ気温室やばい業務内容と
もう関係ないじゃんよ

作詞:椎名林檎

クリエイターを直訳すると

「創造する人」になります。

皆様はクリエイティブな仕事という言葉を聞いたことがありますか?

それこそがクリエイターの
仕事様を指すような言葉であり、

具体的に言うと

イマジネーションを具現化する

といった内容。かなりかっこいい。

しかし歌詞であるのは

「自称クリエイター」

「自称」を付けるだけで、
一気にカッコよさが激減しますね。

 

本歌詞ではここで綴られる

「自称クリエイター」

ぶった切っていく内容になっています。

 

  • 自分を大きく見せようとする上司
  • 職場のオフィス

などを想像して頂くと、楽曲の情景により一層入り込めると思います。

皆が大好きな現場・密着のドキュメント
ああいう最後の場面再現して
酔払ってんじゃないの
どんな顔して何て云やいいんだっけ
当方しらふです
キャラ迷子

作詞:椎名林檎

自慢気に自分のことばかりを語って来る同僚に対して、相槌を打ちながらも

ドキュメント番組を意識してんの?

と、心では相手を卑下している。

 

そして、後半の表現が面白い。

当方は、主人公を示す。

しらふとは、酒に酔ってない状態。

  • 自分に酔っている自称クリエイター
  • 普段通りの落ち着いた自分

を敢えて対比することで

相手を見下すさまを強調させているのです。

エトピリカ映えとプログレス映えは万全
やっぱ胡散臭い声ばっか
大きいひとダサくて大嫌い
直視していらんないよ
恥ずかしくて先方はへべれけ
ワナビー迷子

作詞:椎名林檎

ここの

「エトピリカ」「プログレス」

で表現される比喩表現も非常に面白い。

 

まず、エトピリカですが、これは北太平洋の寒い地域に生息している海鳥を指す。

この鳥には唯一無二の秘密があります。

それは名前に秘められたアイヌ語で

  • 『エト(美しい)』
  • 『ピリカ(くちばし)』

を意味するのです。

 

次に、プログレス。

これは、英語「Progress」のことで

進歩。向上。前進。発展。

を意味します。

 

二つの意味を統合させると

エトピリカ映えとプログレス映えは万全

という意味深な歌詞の内容は

「口先だけは立派で向上心を語ってるね」

という、超絶皮肉文であることが分かります。

サルー
サルー

独特の表現が本当に面白いですね。

べべけれとは、非常に酔った状態のこと。

つまり、同僚のことを指す。

  1. 自分→しらふ
  2. 相手→べべけれ

と表すことで、二人の温度差を表しています。

サビ1

もー山気外連味ハッタリ
じゃ当然相手してくれんの
素人(とうしろ)しかいないわいな
玄人が苦労した上やっと繰り出した
名言まで失敬すんな 云いたきゃ手汚せ

作詞:椎名林檎

山気(やまけ)とは、

幸運に頼ろうとする気持ちのこと。

 

外連味(けれんみ)とは、

はったりを利かせたり、
ごまかしたりするようなところ。

 

つまり、山気外連味とは

一か八かはったりを利かして、
自分を誇大する自称クリエイター

を指す言葉であることが分かります。

 

山気外連味ハッタリ

な自称クリエイターに対して、

「素人しか相手にしないよ」

と見下しつつ、

云いたきゃ手汚せ!

と思うがままの言葉を吐き出している。

サルー
サルー

確かに、自慢する時間があるくらいならを動かせ」と思っちゃいますよね。これこそが楽曲タイトル名である「急がば回れ」に直結しているのではないでしょうか。自分を大きく見せることに近道はないぞ、と。

2番

全部顔に書いてら嘘吐いている口は下品
持っていない物をさも
持っているかのように云うな
急いちゃことを為損じるんだって
ちゃんとはたらけ
プライド迷子

作詞:椎名林檎

2番でも1番と同じく、

自称クリエイターに対する蔑視が描かれる。

 

急いちゃことを為損じるんだって

というのはまさに

「急がば回れ」の教訓。

 

そして

自分を凄い人だと思わせたい!

そんな強すぎるプライド故に、
遠回りしてしまっている様を

プライド迷子

という言葉で表現している。

サビ2~ラストサビ

え!洒落気に品性・知性
欲しけりゃ相手を最優先に
生きるしかないわいな
玄人らしくあくまで黙して
丁寧迅速品質を叶えて

ね!色気才能カリスマ性
そんなふあっとした物じゃ
誰一人救えないわいな
プロフェッショナルとは何
仕事内容だけで能弁に述べよ
愛だろ云うなれば

作詞:椎名林檎

二つのサビではごもっともな意見で

ズバリとぶった切っています。

  • 玄人らしくあくまで黙して
  • ふあっとした物じゃ誰一人救えない
  • 仕事内容だけで能弁に述べよ

まさに、その通りですね。

サルー
サルー

玄人になる過程で近道はない。完璧な仕事を淡々とこなしていく姿こそがプロフェッショナル。まずは、自分のことばかり考えるのはやめて、顧客や仕事自体に「愛」を持って取り組むことが大切なのです。

感想

急がば回れ

というタイトルから

どのような内容なのだろう?

と思っていましたが

まさにその教訓が描かれていましたね。

しかも、社会人あるあるな情景で。

林檎さん特有の造語も面白かったですね。

【椎名林檎/急がば回れ】

歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

コメント

  1. mico より:

    エトピリカ=「情熱大陸」主題歌(葉加瀬太郎)
    プログレス=「プロフェッショナル~仕事の流儀~」主題歌(スガシカオ)

    上記のような番組に出る場合の、「自称クリエイター」たちの
    自己演出だけは万全よね、ってことだと思います。

    サルーさん、ものすごく深く考察されていて、
    結果 林檎さんの本意に迫っておられることに
    ある種感動しました!

    個人的にヒイズミさんが「云いたきゃ手汚せ」ってグズグズにうたうくだりが
    どうにもツボです。

タイトルとURLをコピーしました