TwitterはこちらApple Musicのレビュー

【米津玄師/感電】歌詞の意味を解釈!ドラマ「MIU404」の書き下ろし主題歌!

ドラマ「MIU404」の主題歌!

【米津玄師】「感電」について

歌詞の意味を徹底的に

考察および解説していきたいと思います。

 

サルー
サルー

久しぶりの新曲情報に心躍ります。

スポンサーリンク


ドラマ「MIU404」の主題歌!

今回紹介していく「感電」は、綾野剛と星野源のダブル主演ドラマ「MIU404」の主題歌として書き下ろされた楽曲。

 

そのため楽曲の真意に迫っていくためには、ドラマの内容を理解する必要があります。大まかなドラマのあらすじが以下。

 

「MIU404」は警察内部で“なんでも屋”と嫌味を言われる初動捜査のプロフェッショナル「機動捜査隊(機捜)」が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す物語。
綾野が演じる「伊吹藍」と星野が演じる「志摩一未」は、それぞれ長所が異なる特徴を持つが、両者ともに犯人逮捕にすべてを懸けている。

 

またドラマの脚本を読んで「感電」を作成した米津は

ドラマのコンセプトと脚本を読ませていただき、受け取ったものがいくつもありました。
自分が今暮らしている境遇と、ドラマの彼らが巻き込まれて行く物語に共通する部分をそのまま音楽にしました。
どんなふうにドラマと一緒になるのか楽しみです。どうかよろしくお願いします。

とコメントを残しています。

 

  • 米津玄師が日常的に感じているもの
  • W主演の彼らに待ち受けているもの

これら2点が楽曲を読み解いていくためのキーポイントになりそうですね。

 

サルー
サルー

上記を踏まえ楽曲を深堀りしていきましょう。

楽曲名「感電」とは

一般的に「感電」とは

電流が身体に流れて衝撃を受けること。

という意味になっています。

 

「感電」の原因には、電気設備の不適切な使用や電気工事中などにおける工程ミスで起こる人的要因と自然災害である落雷などの要因が存在する。

 

いずれにしても傷害を受けることを前提に付ける言葉になるので「感電」そのものはネガティブイメージを持つものだと解釈することができます。

 

ただ引っかかるのは米津玄師が描く「感電」ということ。というのも米津は以前3月から 5月頃に発生する雷を意味する「春雷」と名のついた楽曲を出しており、こちらの歌詞では淡い恋が描かれていました。

 

そのときに使われていたのは雷特有の

衝撃や瞬間的なものをイメージさせる表現技法。

といったものでした。

 

サルー
サルー

米津玄師の描く楽曲をタイトル名だけで解釈するのは、どの楽曲をとっても不可能に近い。基本的には歌詞を読み取っていくことで「ああなるほど」ってなります。

 

「感電」が歌詞の内容とどう関与しているのでしょうか。

スポンサーリンク

歌詞

現時点で公式的に歌詞は発表されていません。

 

しかし「MIU404」の制作チームで脚本家を努める野木亜紀子は以下のようにコメントをしています。

脚本に込めた祈りをすくいあげてもらった気がしました。多彩な音の広がりが、軽やかで痛快で、少し切なく、いつまでも聴いていたいと思わせる、そんな楽曲です。嫌になっちゃうくらい毎日いろんなことがありますが、暗がりに捕まらないように、この曲と共に、伊吹と志摩と走り抜けたいと強く思いました。

 

  • 軽やかで痛快で少し切ない
  • 暗がりに捕まらないように走り抜ける

これらをイメージにすることができる、なおかつ衝撃的なものを連想させる「感電」というタイトル。

 

サルー
サルー

歌詞の全容が楽しみでなりませんね。

感想

楽曲の情報を入手次第、最速で更新致します。

 

米津玄師の描く楽曲はメロディーの多彩さは更なり、毎度のこと歌詞の巧みも想像を超えてくるので今から楽しみでなりません。

 

 

【米津玄師/感電】

歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました