スポンサーリンク

【My Hair is Bad/惜春】歌詞の意味を徹底解釈!椎木本人の翻訳と合わせて解説!

【My Hair is Bad(マイヘア)】

「惜春(読み方:せきしゅん)」について

MVと歌詞の意味を徹底的に

考察および解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


楽曲名「惜春」とは

「惜春」とは

春が過ぎるのを惜しむこと。

過ぎ行く青春を惜しむこと。

という意味になっています。

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

MVの意味・解釈

ついに「惜春」のMVが公開!

もともと本MVは「ファンタスティックホームランツアー」の特設サイトにて限定公開となっておりましたが、マイヘアから感謝を込めてということで、ツアー終了とともに一般公開されました。

ライブでこそ真価を発揮するマイヘア。

その一部を体験することができます。

では、本題の歌詞に迫っていきます。

歌詞

味のないフライを砕いたまま
薄い茶を交わしていた
夏日報道に金魚は浮いていた
周りはセックスや
ドラッグたちとよく遊んでいた
大人になったような気がしていた

僕らは笑ったって 写真に残したって
いつかはどこかへ忘れてしまうんだ

虫の様に坂に溜まっていた
肺に愛を濾していた
週末になるとみんな踊っていた
彼女は既読と約束を一々欲しがった
駅でするキスの味を覚えていた

僕らはいつだって
自らを愛していて
本当はほとんどもう
どうでもよかったんだ

僕はついにもうやめてしまったんだ
本当にもう面倒くさくなった
YouTubeかなんか流したまんま
目を瞑っていた
そしてそのまま眠ってしまっていた

白い布を羽織っていた
不思議な感じだった
周りに続いて沖へ歩いていた
急に爆音で木琴が鳴って呼吸を失った
ソファで目覚めた
ふとみると君からの着信だった

僕らはいつだって
勘違いばっかで
幸せはいつだって
そのおかげだったんだ

追い風を追い抜いてゆくように
思い通り遠い方に行こう
あの雲切り裂く大胆なイメージで
思い出しても辛くないように
荷物で重たくないように
僕らはいつも わざと置いていて
忘れてしまうんだ

だから忘れる為に先を急ぐんだ

utaten.com

スポンサーリンク

歌詞の意味・解釈

前提として

なんと本楽曲の解釈を
椎木さん自身が公開致しました。

本人の解釈とは、なんとも贅沢ですね。

毎度恒例の難解な歌詞ですが、
紐解いてみると本当に奥が深い。

今回はこの解釈に沿って
解説していきたいと思います。

(下記のcheckボックスは
椎木さんの翻訳を引用しています。)

1番

味のないフライを砕いたまま
薄い茶を交わしていた
夏日報道に金魚は浮いていた
周りはセックスや
ドラッグたちとよく遊んでいた
大人になったような気がしていた

utaten.com

晴れた日 気だるい部屋着まま
定食屋 鯵フライを崩している
店内の角のテレビにニュースが流れて
自分だけが少し置いていかれている
ような気持ちになる
外に出ると友達から
今晩の誘いの連絡が入っていて
野球でも 駄菓子でもない
チャラい遊びの誘いに
いつの間にか大人になったんだな
と昔と変わらない空を眺めている

周りのテンションについて行けず、
どこか素朴感を感じる。

そんな誰しもが抱えたことのある感情を、
朝のだるさとテレビ番組で対比している。

 

ふいに、遊び方の変化を感じ
歳を重ねていることを痛感する。

どこか寂しさが伝わります。

僕らは笑ったって 写真に残したって
いつかはどこかへ忘れてしまうんだ

utaten.com

どんなに色濃い思い出も とても儚く
すぐに遠くに行ってしまう

多感な時期に夢中になったことも

一生懸命に取り組んだことも

時間が過ぎれば忘れてしまう。

これこそまさに「惜春」

儚く過ぎ去る青春を憂いている。

虫の様に坂に溜まっていた
肺に愛を濾していた
週末になるとみんな踊っていた
彼女は既読と約束を一々欲しがった
駅でするキスの味を覚えていた

utaten.com

夜の街 虫が明かりに集まるように
若者が坂道にたむろしている
IQOSで愛を濾す
みんな我を忘れて踊っているけど
それをみて冷静になってしまう
不満気なあの子を機嫌を取るため
駅でキスをする
そんな二人を誰も気にしていないから
僕も気にならない

ミュージッククラブ
のようなところで騒ぐ若者。

本来はそれに混ざるはずだが、
客観視することで、引いてしまう。

 

冷静になれば恥ずかしい行為も
自分たちの世界に入り込んでいるから
周りなんて気にならない。

若者は、かなり共感できるのではないでしょうか。

また

IQOSで愛を濾す

と、解釈でも韻を踏む椎木さんはさすが。

サビ1

僕らはいつだって
自らを愛していて
本当はほとんどもう
どうでもよかったんだ

utaten.com

本当はみんな自分の為だけに生きている

確信付くようなサビですね。

1番で流れたような、ありきたりかつ複雑な情景が入り乱れた感情の中心にあるのは

「自己愛」

なのです。

2番に続きます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました