スポンサーリンク

My Hair is Bad/運命》歌詞の意味を徹底解釈!幻や悪い癖と重なる!?

【My Hair is Bad(通称マイヘア)】の

「運命」について

MVと歌詞の意味を

解説していきたいと思います。

この楽曲は「幻」との両面シングルで

真赤卒業」に劣らない

一つの恋を描いた物語になっています。

スポンサーリンク


楽曲名「運命」とは

「運命」とは

人間の意志にかかわらず、身にめぐって来る吉凶禍福。めぐり合わせ。転じて単に、将来。

という意味になっています。

この楽曲名が歌詞の内容と

どう関与しているのでしょうか。

MVの意味・解釈

楽曲名「運命」と「幻」は

ひとつの恋愛をそれぞれの視点で描いたものです。

運命は男性目線幻は女性目線になっています。

この関連性も含め紹介していきます。

歌詞

偶然だった
最後の最後であの日と同じ服
僕は遅れて行った
見慣れない短い髪だった
気不味くて珈琲で流し込んだ
でもなぜか味がしなかった
沈黙が続いていた
その瞬間 僕は悟った

きっと終わりだった
ずっと分かっていた
もう何も言わなかった
ずっと怒鳴っていた
じっと睨んでいた
でも君は泣かなかった
どうして
終わりだけわかってしまうんだよ

立ち上がる僕の手を掴んで
その拍子にグラスが落ちた
たった数秒が長すぎて
たった一言も言えなくて
偶然か 必然か
どちらでもいい ただ
この縁が 破片が
いま消えるのを待っていた

指に触れるだけで
胸が高鳴ってた
そんな二人はいつが最後だったろう
今は触れるだけで
痛むほどに酷く腫れていた
そして僕はそっと目を逸らして

きっと終わりだった
ずっと分かっていた
ついにエンドロールだった
僕は店を出ると
もう振り返るはずもなかった
すぐに泣く君が嫌いだった

最後の最後で本当はね 聞きたかったよ
硝子の破片を拾いながら
床を拭く君の手に目を疑ってた
どうして指輪、外してなかったの?

必然だった
いつでも終わりは何かの始まりへ

utaten.com

スポンサーリンク

幻との関連性は?

注目すべきキーワード

両楽曲に描写されている「指輪」

運命の「でも君は泣かなかった」

幻の「もしもあの時泣いてたら」の場面です。

下で解釈の詳細は述べますが
一つのドラマから描かれる
男女のすれ違いが絶妙に
表現されています。

☑幻の歌詞の意味解説はこちら

悪い癖との関連性は?

悪い癖とも関連性がある?

という声をよく聞きます。

関連性を上げるとしたら

「最後の最後は喫茶店」

の部分でしょう。

でもその後に

「気付けばなぜか二人とも泣いていた」

とあるため、関連性は低いと思います。

運命/幻での二人は
一緒にいるときに泣いていませんので。

✅悪い癖の歌詞の意味解説はこちら

歌詞の意味・解釈

1番

偶然だった
最後の最後であの日と同じ服
僕は遅れて行った
見慣れない短い髪だった
気不味くて珈琲で流し込んだ
でもなぜか味がしなかった
沈黙が続いていた
その瞬間 僕は悟った

utaten.com

あの日とは、どんな日でしょうか?

おそらく、二人が出会った日や何かの記念日などといった、二人にとって特別な日でしょう。

または、主人公の記憶に強く残っている、いつかの彼女の姿といったとこでしょうか。

彼女との最後の待ち合わせの約束。

そこで見たのは、髪を切った彼女の姿でした。

恋愛における髪を切るという動作は
自分の気持ちに一区切りつけたい時の動作
という意味が込められています。

気まずくてから、待ち合わせ以前の二人の仲はギクシャクしていたことがわかります。

コーヒーなんかでは、誤魔化しきれない
不穏な空気に「あること」を主人公は悟ります。

サビ1

きっと終わりだった
ずっと分かっていた
もう何も言わなかった
ずっと怒鳴っていた
じっと睨んでいた
でも君は泣かなかった
どうして
終わりだけわかってしまうんだよ

utaten.com

悟った「あること」とは

「彼女との関係が終わること」です。

空気的にそれを悟った主人公は彼女の言葉(おそらく主人公が悪いことをして怒っていた?)に対し、何も言い返しません。

彼女との終わり
今更なにを言っても変えることのできない運命だと悟っていたからでしょう。

「でも君は泣かなかった」

は女性目線の「幻」との関連ワードでもあり

幻では「もしもあのとき泣いてたらどうしてた?」と表現されています。

普段なら涙を流す場面で泣かなかった彼女に
主人公は疑問を覚えていたようですが
幻と照らし合わせると
彼女は涙を必死でこらえていたことがわかります。

彼女もきっと「最後だから」と思って我慢していたのでしょう。

この我慢が「幻」では後悔として描かれていますよね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました