TwitterはこちらApple Musicのレビュー

【YOASOBI/アンコール】歌詞の意味を徹底解釈!世界最後の日に出会ってしまった二人。

【YOASOBI(ヨアソビ)】「アンコール」について、歌詞の意味を徹底的に考察および解説していきたいと思います。

 

読みどころ

✔ 原作小説『世界の終わりと、さよならのうた』の内容
✔ タイトル名に込められた切実な願い
✔ 本楽曲から学ぶ教訓とは

 

サルー
サルー

なんとなく泣ける楽曲。という印象が歌詞の意味を知ることで真に泣ける曲へと様変わりします。アンコールに込められた想いが尊くて切ない…

スポンサーリンク


物語の舞台は「世界最後の日」

→Apple Musicでフル視聴する 

 

今回紹介していく「アンコール」は原作小説『世界の終わりと、さよならのうた』を元に制作された楽曲。著者は水上下波。

 

物語の内容=歌詞の内容になっているので、物語の流れは歌詞解説欄でじっくりお話ししてきますが、軸は「世界最後の日に出会った二人の音楽家」といったところです。

 

冒頭でも述べましたが、私は初めて「アンコール」を聴いた時に大雑把に「泣ける楽曲だな」と感じました。そしてその「泣ける」という感性が間違っていたかったことを物語を読み込んで知ることになる…

 

サルー
サルー

それでは本題の楽曲考察に移っていきます。まずはタイトル名に着目!

楽曲名「アンコール」とは

「アンコール」と聞くと、誰しもがアーティストのライブで定番の「もう一回」の意を込めたコールを連想するのではないでしょうか。

 

実は本楽曲の舞台は大掛かりの音楽ライブというには、あまりにちっぽけな楽器演奏。しかし「もう一回の願い」にはとてつもない価値があります。

 

もちろん原作小説を熟読した方は勘付いているかも知れませんが「アンコール」の真意がすごく切なくて尊いのです。気づいたときは鳥肌モノでした。

 

切願される「アンコール」

 

この楽曲名が歌詞の内容とどう関与しているのか。物語の内容にもしっかり触れつつ、歌詞全体を読み解いて解説していきます。

 

サルー
サルー

小説×音楽の組み合わせって本当に威力がすごい。

スポンサーリンク

歌詞

明日世界は終わるんだって
君にはもう会えないんだって
またいつかって手を振ったって
叶わないんだよ
仕方ないね
明日世界は終わるんだって
それならもう
その時まで何度でもずっと
好きな音を鳴らそう

薄暗闇に包まれた
見覚えのない場所、目を覚ます
ここは夜のない世界
今日で終わる世界
そんな日にあなたに出会った

好きにしていいと
それだけ残して
何処かへゆく
あなたの音が遠ざかってく
そしてまたひとり
淀んだ空気の中で

ありふれたあの日々をただ思い返す
終わりが来ることを待つ世界で
辛い過去も嫌な記憶も
忘れられないメロディーも
今日でさよなら

ひとり車を走らせる
営みの消えた街の中を
明日にはもう終わる今日に
何を願う
何を祈る

何処かから不意に
微かに聞こえてきたのは
ピアノの音
遠い日の音

誘われるままに
呼吸を合わせるように
重ねた音
心地良くて
懐かしくて
幾つも溢れてくる

いつしか蓋をして閉じ込めていた記憶
奏でる音が連れてきた思い出
気が付けば止まったピアノ
いつの間にか流れた涙
続きを鳴らそう

ありふれたあの日々をただ思い返す
終わりが来ることを待つ世界で
辛い過去も嫌な記憶も
忘れられないメロディーも
さよならなんだ

今ここで好きなようにただ音を鳴らす
最後の日に二人きりの街で
ありふれたあの日々をただ想い奏でる音が
重なり響く

明日世界は終わるんだって
明日世界は終わるんだって
もしも世界が終わらなくって
明日がやってきたなら
ねえ、その時は二人一緒に
なんて

作詞:Ayase

歌詞の意味・解釈

1番

明日世界は終わるんだって
君にはもう会えないんだって
またいつかって手を振ったって
叶わないんだよ
仕方ないね
明日世界は終わるんだって
それならもう
その時まで何度でもずっと
好きな音を鳴らそう

ざっくりと「もう会えなくなってしまう二人」「世界の終演」を冒頭歌詞から感じることができるのではないでしょうか。

 

歌詞の理解を深めるために原作小説『世界の終わりと、さよならのうた』の要点を先に紹介していきます。

 

  • 舞台は世界最後の日
  • 登場人物は男女二人
  • 男は世界最後の日に道端に倒れている女性を助ける
  • 女は楽器が散らかった男の家(家代わりの倉庫)で目を覚ます

 

とりあえず上記を押さえておけば以降の歌詞について行くことができます。女は男の家(家代わりの倉庫)で目を覚ますに関しては次の歌詞の情景そのものです。

 

薄暗闇に包まれた
見覚えのない場所、目を覚ます
ここは夜のない世界
今日で終わる世界
そんな日にあなたに出会った

行き倒れていた女性は、薄暗闇に包まれた彼(あなた)の家で目を覚ます。

 

世界が滅んでしまう日。

そんな想像することすら難儀である絶対的な状況で二人は出会う。とはいえ世界が滅ぶことは一年前から予言されていたことなので、絶望的な心境ではありません。各々の心境は「諦め」といったところ。

 

明日を生きることを諦めて、細々と世界最後の日を迎えるつもりだった二人が偶然出会ってしまったのです。

 

好きにしていいと
それだけ残して
何処かへゆく
あなたの音が遠ざかってく
そしてまたひとり
淀んだ空気の中で

目覚めた女性に対して男は「(この場所で)好きにしていい」と言い放ち、いつもの日課であるドライブに出発する。

 

女性は薄暗い倉庫の中で一人取り残されていきます。ただこの倉庫の中には彼が集めた楽器たちが散らかっています。そんな楽器を見て想うことがサビ1の内容。

 

サルー
サルー

歌詞(物語)を追っていきましょう!

サビ1

ありふれたあの日々をただ思い返す
終わりが来ることを待つ世界で
辛い過去も嫌な記憶も
忘れられないメロディーも
今日でさよなら

彼女の正体は小さい頃からピアノの英才教育を受けた音大生。

 

だから彼の家に置いてあったピアノを見て「世界が滅ぶなんて知る前のありふれた日々」を思い返します。

 

もう返ってこないありふれた日常を想起しているのに「辛い過去」「嫌な記憶」といったネガティブな内容ばかりが綴られているのは、彼女にとってピアノの記憶は楽しいことばかりじゃなかったから。

 

苦しい過去との決別に清々しながらも、彼のいない部屋で彼女はピアノの音を鳴らす…

2番

ひとり車を走らせる
営みの消えた街の中を
明日にはもう終わる今日に
何を願う
何を祈る

これまでは女性目線で歌詞が綴られていましたが、2番以降は男性目線に切り替わります。

 

日課のドライブに出かけた男は、目覚めた彼女のことを考えながら「世界最後の日に何を考えているんだろう…」と自答し続ける。

 

そして人生の心残りに気付けないまま、ドライブを終えた男は家に帰りつく。

 

サルー
サルー

ここから登場人物の感情が大きく揺れ動いていきます。物語も音楽も大盛り上がりを迎えます。ぜひ最後の結末までご覧ください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました