TwitterはこちらApple Musicのレビュー

【Official髭男dism/アポトーシス】歌詞の意味を徹底解釈! いつか訪れる「死」を歌ったナンバー。

さよならはいつしか 確実に近づく
校舎も駅も古びれてゆく 私達も同じことだってちゃんと分かっちゃいるよ

ここでは一番同様、《校舎》や《駅》を例にとって命の終わりを歌っています

 

色褪せていく校舎。朽ちていく駅。

自分たちも同じだってことは痛いほどわかっています。

だけど、今の幸せがいつか終わってしまうなんてのはあんまりだし、どうしようもなく悲しいのです。

 

サビ2

今宵も明かりのないリビングで 思い出と不意に出くわしやるせなさを背負い
水を飲み干しシンクに グラスが横たわる
空っぽ同士の胸の中 眠れぬ同士の部屋で今
水滴の付いた命が今日を終える
解説もないまま 次のページをめくる世界に戸惑いながら

夜中にふと昔の出来事を思い出し、懐かしさを覚えるとともに戻れない過去にやるせなさを感じる。

そんな誰もが体験したことあるような場面にこの《思い出と不意に出くわし》という表現はぴったりはまっている気がします。

 

《水滴の付いた命が今日を終える》

この水滴はさっき水を飲んだ時に口元に零れた水滴なのか、はたまたやるせなさから溢れてきた涙なのか、その真相はわかりません。解釈の余白が残された粋な表現です。

 

そして《解説もないまま 次のページをめくる世界に戸惑いながら》という最後の表現もまた美しい。

ここまでの人生の解説もないまま、月日は無情にも私たちを置き去りにして流れていきます。

結局私たちは何も分からないまま、突きつけられた新しい一日を生きていくほかありません。

 

このあたりの綺麗で鮮やかな表現からは藤原さんの歌詞の魅力を感じますね…

 

ラスサビ

今宵も鐘が鳴る方角は お祭りの後みたいに鎮まり返ってる
焦りを薄め合うように 私達は祈る
似た者同士の街の中 空っぽ同士の腕で今
躊躇いひとつもなくあなたを抱き寄せる
別れの時まで ひと時だって愛しそびれないように そう言い聞かすように

必ず人間には死が訪れます。

どれだけ幸せな暮らしを送っていようと、さよならの時は確実に近づいてきます。

 

それでも二人は祈り、抱き合いながら眠りにつくのです。

いつか死んでしまうことなんかわかっているけれど、別れの時など目の端にも映らないように。

別れの時までひと時だって愛しそびれないように。

そう言い聞かすように。

 

 

いつか死んでしまう人間の、ささやかで愚かで、最高に愛おしい営みを歌った楽曲。

歌詞のテーマは残酷ですが、やさしい温もりを放つ、髭男らしい素敵なナンバーでした。

 

【Official髭男dism/アポトーシス】

歌詞の意味の解釈でした!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. higedan315 より:

    深すぎる歌詞に、改めて聡ちゃんの稀有な才能を思い知らされました。
    歌詞の内容が、あまりにも突き刺さり、でも、老いというものをすごく綺麗に表現してくれてる優しさも同時に感じました。素晴らしい解釈ありがとうございました

  2. 飛田まゆみ より:

    本当に、心に響きました。気持ちは、走っているのに、身体は、ついていかず、もどかしい毎日。つい口論となってしまい後悔。自分たち夫婦に重ねて、涙しました。

  3. しろらん より:

    最後の方の解釈は違いました。
    歳を重ねて行って、死が怖いと思うのは、若い人からの目線だからじゃないでしょうか?
    いつかは死が来るのは、歳をとればとるほどわかっています。
    どんなに元気でも、段々と思うように動かなくなる身体や手足、お迎えを何となく迎える準備は、誰しも出来ていて、余生を楽しむようになると思いますよ。

  4. Uwin より:

    Mステを見て泣きそうになりました
    2番のAメロが悲しくて・・・

  5. こにたん より:

    もうひとつの解釈を書きます。

    この曲の語りの主体である「私」とは「細胞(遺伝子)」です。

    この詩は人の意識や魂を超えたところにある
    細胞という存在が人に語りかけている唄なのだと思います。

    魂と神との中間の存在ともいえる「細胞(遺伝子)」が
    細胞の集合体であり無知のまま老いゆく人間にやさしく「ダーリン」と語りかけている死と再生を巡る命の交響詩が本作品なのです。

    「訪れるべき時」は人の「死」
    しかし「死」により人の意識や細胞は滅してしまいますが、
    遺伝子は受け継がれ命は継承される。
    未来へとひた走り次のページがめくられるのです。

    死と再生もしくは永遠の命というテーマが
    新鮮に荘厳に織り込まれていて
    私たちの魂が無性に動かされてしまうのだと思います。

  6. のの より:

    本当に美しい曲です。
    さとっちゃんが20代最後の年をかけてつくった曲だと知って、感動しました。

  7. さら より:

    コロナ時期、考えさせられた歌詞です。クソ旦那で気持ち的に低迷期ですが終わりを考えたらやっぱ悲しいです。クソ旦那はこの歌に感謝しないといけないな。

  8. ジニア より:

    細胞が生まれた時からプログラムされている死、先日母が亡くなった時に方丈さんからのお話で、昔、一休僧正は始まりは終わりの始まり、嬉しくもあり悲しくもありと唱えていたと話してくれました。アポトーシスという概念が無くとも通じるところがありますね

  9. blue より:

    自分はこれを聴いて、癌の闘病生活を送っていた母親を思い出したね。
    若い世代の方が、人の世の理を悟って謳うと言うのだろうか。余命宣告を受けた誰かとの思い出、もしくはそのような主人公が登場する物語を描いたと思えるんだが。

  10. ハル より:

    先日、妻が旅立ちました。
    病気がわかってから1年半、「訪れるべき時」をずっと意識しながらふたりで過ごしてきました。
    その間、30年あまり一緒にいた時間を振り返りながら、新しい思い出もつくっていきました。
    この曲は今の私に響きすぎるほど響き、痛みすら感じるほどです。

  11. 聡さん歌詞凄すぎ より:

    バツイチ人生の後半に訪れたある男性との出逢い。
    彼は35年連れ添った奥様を希少ガンで亡くしたそうです。
    沢山の想い出を話してくれましたが、
    病状を表に出さず、弱音も口に出さず、ある朝突然に旅立った彼女
    きっとこの歌詞の冒頭のように心の中で呟いていたのだと、、、
    心を揺さぶられました。
    彼とのロマンスは人生柄続きはしないことを、、、
    って、、、考えさせられ
    その後にapoptosis
    こんなにも人の心を揺らす音楽をありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました