TwitterはこちらApple Musicのレビュー

【ただ君に晴れ/ヨルシカ】歌詞の意味を徹底解釈!まさかの正岡子規との関連性が!?

サビ2

俯いたまま大人になって
追いつけない ただ君に晴れ

口に出せないまま坂を上った
僕らの影に夜が咲いていく

utaten.com

あの夏で止まったまま前に進めず大人になってしまったはもうには追い付けない…

けれどもには笑って、笑顔でいてほしい。

は止まってしまったけどそれでもただには幸せでいてほしい。

口には、言葉には出しませんが彼はただそれだけを願っています。

スポンサーリンク

ラストサビ

俯いたまま大人になった
君が思うまま手を叩け

陽の落ちる坂道を上って
僕らの影は

追いつけないまま大人になって
君のポケットに夜が咲く

口に出せなくても僕ら一つだ
それでいいだろ、もう

君の想い出を噛み締めてるだけ

utaten.com

口に出せなくても僕ら一つだ
それでいいだろ、もう

口に、言葉にする必要なんてない、は現在(イマ)もあの夏も一緒だと。

それでいいんだと彼は止まって諦めて、それでもただ一緒だと思い続けたのです。

君の想い出を噛み締めてるだけ

ただ彼は噛み締めているだけなのです。

けれども今までとは違って
ただ思い出すだけでもなく
ただ諦めただけでもなく

笑顔で幸せであれと少しだけ前に進んで噛み締めているだけなのでしょう。

感想

いかがでしょうか。

ものすごく自分勝手な解釈でしたが私としてはこの解釈がとても心にストンと落ちた気がします。

今はいないを思い続け、あの夏で止まったまま大人になったですが、最後には少しでも彼が前に進んで行けたのだと私は考えます。

今回はこのすばらしい楽曲に出会えたよろこびをただ噛み締めて終わりたいと思います。

【ヨルシカ/ただ君に晴れ】

MVと歌詞の意味の解釈でした!(‘ω’)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. な」ひさにな、 より:

    最高の曲です❣️毎日聴いてます❣️

タイトルとURLをコピーしました